最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

津島市

2011年4月20日 (水)

5/1は津島に集合!

今年も津島まちあそびが開催されます。
うちの予定を掲げておきますので、ぜひ遊びに来い!
30日夜津島入り。

5/1
朝10時過ぎから天王川公園におるものと思われる。
西側の一番大きな屋台の中で、持ち込みのヱビスビールを飲みながら、屋台で買った物を食っているはず。
大きな顔して持ち込みビール飲んでると怒られそうなので、こそこそとバッグの中に隠し持っている。今まで怒られたことはないので、今年も多分大丈夫でしょう。
その代わりここで2000〜3000円は食ってます。
朝から飲んでまつり気分に浸りたいヤツは朝から来るべし!

山車もでるので忙しいんだな、こりが!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

午後は吉祥坊さんの弁当を食べます。
地元でとれた特産品や伝統の料理です。
食文化が違う三河の人にこそ来て欲しい。
1220円なり。
お寺さんなのでさすがに酒類はなし。
今年で3年目です。

津島神社南のまのやさんでお茶します。
ここは終戦後米軍に接収された古い旅館です。
この時しか中に入れないので、ぜひ内部を見て欲しい。
古き良き日本家屋と西洋がうまく折衷しています。

あとは本町かいわいを一日中ぶらぶらしてます。
うちでぶらぶらしてるくらいなら、ぜひ津島へ来た方がいいに。
みんなで酒飲もう!
違うか....(爆)

忘れとったけど、藤の花もきれいだよ(爆)

2010年10月18日 (月)

津島と二川のまつり2010

今年の秋まつりは、天気のせいもあってあんまりうまくいかんかったなー。
第一土日は津島のまつり。
土日雨の予報が、少しはよくなったけれど、やはり夜には本格的に降り出した。
土曜日にもっとしっかり車切やっとけばよかったのにー。
そもそも日曜の予報がよくなりすぎて、みな期待したのかもしれない。
ちょうちんをつけるかどうかという微妙な時間帯に降り出したけれど、その雨はすぐに本降りになった。
本当に涙雨になってしまった。
あきらめ切れないいくつかの町内はそれでもしばらく車切したものの、小一時間でやめてしまった...。
土曜に来られなかった妻は、とっても消化不良だったろう。
それでも友人が何人か来てくれたし、昨年に引き続きっていう人もいた。
これは津島のまつりが楽しいっていう証明でもある。
津島のまつり好きにとってはうれしいことです。
ちょっと自慢。
なんとか数年後にはあの中に加わりたい。
もう熱望です。

次の週は二川八幡例大祭。
土曜は宵祭りがあるはずだけれど、まつりをするなんてこと想像もつかないほどの大雨。聞くところによれば、神社前でたいていたかがり火が雨で消えたという。むろん山車は出すことなく静かに夜は過ぎていったらしい。
そのかわりに日曜日は予報よりも早く回復して、朝からぴーかん!
昼前から二川入りして、飲んだくれてました。
まつりは酒だし!
飲んでなんぼだし!
あちこちでビールを配って、もらって飲んだくれてました。
昼はしかたないので、江戸屋で飲んでたけどね
5ハイも飲んでしまったよ。
けど店内で町並み保存会の会長とたまたま会って話が出来たり、東町の衆と話せたりうれしい時間でした。
残念だったのは、しまいまでみられなかったこと。
もう頭ががんがんで横になりたかったのね。
今年も中町にエールを送って終わりたかったなー。

さて、ここで結論をひとつ。
まつりは楽しむ物で、写真を撮る物じゃないっ!てこと。
悲しいけれど、お祭り人間が写真を撮ると写真を撮ることに集中してしまって、まつりの輪に加われない。
まつりの輪に加わるというのは、まったく個人的なことで、他の人がそう思ってるかどうかは関係ない(笑)
まつりって空気なんですよねぇ、やっぱり。
その空気を伝えたい、保存したいと思って写真を撮るんだけど、そうするとまつり自体の楽しみが減退するんだなあ。
このジレンマには困ったもんです。

第三土日・名古屋まつりに続く(と思う)

2010年10月 8日 (金)

初めてのアップロード・麩屋町の車切

麩屋町の車切の動画をYoutubeに上げてみた。
しょせんコンデジのビデオ機能による撮影だから、今時のYoutubeクオリティ以下ではあるけど、まぁ見られないことはない。

http://www.youtube.com/watch?v=EOdhbAjnEI4&feature=player_embedded

2010年10月 4日 (月)

津島秋まつり2010

今年も終わってしまいました。
日曜夜は雨で、締めの車切も中途半端で終わって完全燃焼できませんでした。
まだまつりの本人たちは山車蔵でおはやしをやれば気分が多少なりとも晴れるかもしれないけれど、うちら見物人はまったく悲しい。もやもやがわだかまったまま口の中で「はいはい」と合いの手をつぶやいて去るのみでした。
そうか、まだあの渦中にいた方がマシなんだ...と。

麩屋町 Youtube

やだなあ、おれが映ってるよ。
見苦しいなぁ^^;
http://www.youtube.com/watch?v=Oir1a-VdPng&feature=player_embedded

2010年9月27日 (月)

おまつりの季節

この時期、おまつりのある町内では、夜な夜なおはやしの練習があります。
町の中を歩いてくると、太鼓の音、笛の音、鼓の音がこっそりと聞こえてくる。
ええなぁ。
二川では高い篠笛の音、津島では太い能管の音。
これが秋の音なんだな。
涼しい風に吹かれながら、そんなことを思う。

音がうるさいからなんとかしろという野暮な輩もいる。
何百年も続けてるんだから、おまえがどこかへ行け!と言いたい。

あー。
今週末は一年で最大のイベント、津島の秋まつり。
待ちきれないよ!

今週末の津島

金曜日夜実家に帰り、土曜は朝から津島市市街地にいます。
どこかの山車にぶら下がってます。飽きたらビール飲んでます。その繰り返し。天国だよ。

お暇な方、忙しい方、今週末はぜひ津島へ!
駅まで迎えに行きますよ!

2009年10月 3日 (土)

速報2

1300551702_143_3

中之町、まだ回してます。明日大丈夫かしらん( ̄▽ ̄〃)

尾張津島秋まつり 一日目速報

1300477102_122_3

一日目、向島の車切がはじまりました!

2009年8月14日 (金)

津島の世間遺産写真展

まつりの館津島屋で見てきました。
まだ緒についたばかりの運動がどういう状況なのか興味津々。

まず地域運動の拠点ができたことがなによりめでたいことでした。津島好きな人が和気あいあいと集まり、訪れた人との橋渡しになれる場所。つまりは地に足がついたとでもいうか。
あとは住民や同志がやるってことですね。

写真展そのものはまだまだだなあと感じました。被写体は歴史や民俗を代表するものではあるけれど、その中に津島の個性が感じられなかった。どこかで見たものが津島にだってあるよ!というレベルで、点でしか捉えられてない。とりあえず紹介するっていう次元で、これからの継続的発展が大切です。
なにもなかったところからやっと一歩抜け出したのだから、しっかりやってもらわないとね!