最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

のりもの

2011年6月 7日 (火)

リニア

東京ー名古屋間が40分になるという。
うち(豊橋)から東京へ行く場合、名古屋駅まで45分はかかるので、東海道新幹線の方が早く東京へ行けることになる。改めて考えたら、東京対各駅っていう図式になるんだなあ。

新幹線が開業した頃は高度経済成長のまっただ中で、需要を掘り起こした功績はあるが、この先そういう発展が見込めるのかどうか。
東海道新幹線は老朽化も進んでるし、JR東海が言う分には輸送量も限界に近いらしい。
一企業が開発するんだから、回りがどうのこうの言う筋合いのものでもないんだろうな。
個人的には、現在より料金が上がるなら使わない。じゃなく使えない、高すぎて。
新幹線の運賃だって高すぎだろ。
リニアでコケて、どちらかに早く吸収合併されてほしいと願うばかりなり。

途中駅は、全額地元負担でというのが倒壊の願い。
金出さない所には作らなきゃいいじゃん。
その代わり地元を通るな、と。
相変わらず不愉快きわまりない会社だな、JR倒壊。

2006年2月26日 (日)

飛行機は夢を実現するか

旅割という運賃割引制度がある。
これがめっぽう安い。
例えば...(すべて名古屋発)
女満別15000、札幌13000円、米子11000円、石垣22000円。

いくつか制約があると思う。
例えば、払い戻しても半額しか戻らないとか、28日前までしか発売されない、かつ発売数が決まっている。
しかし早くから予定を立ててチケットを購入すればだれでもこの値段で行けるということ?

札幌が13000円でさえ驚きなのに、鹿児島の11000円、石垣の22000円に至っては脅威ですらある。

何か裏...というか、わかりにくい制約があるような気がして仕方ない。
詳しい方、教えてぇ〜!

113系

東京の東海道口から消えるらしい。
湘南色といって、オレンジとグリーンとツートーンだけども、厳密に湘南色電車が消えるというのは正確ではない。
湘南色はまだ211系にも受け継がれて行くのだから、その精神はずっと生き残って行く。
ステンレスという材質を有効に生かすために塗色の簡略化は仕方のないところだし。

ところで、113系をかぼちゃ電車と呼ぶのを最近初めて知ったが、いつからこんな名前で呼ばれているのだろう。グリーンとオレンジというのは東海道線沿線の暖かさとみかん畑をイメージングしたものだと記憶しているが、どこから出てきた名だ?>かぼちゃ
名鉄3400系が引退する時「いもむし」という名前がやたらと氾濫した。当時から知っている人たちもきっと苦々しく思っていたことだろう。その電車の現役・全盛時代を知らない世代がおかしなニックネームを付けて引退に際して騒ぐ。
自ら鉄道好きでありながら鉄道ファンが大嫌いなところはそんなところでもある。
近頃では鉄道会社もいっしょになって金を稼いでいますが、やはり会社の方が一枚上手ということですか?^^

どうでもいいけど、人と話すときは形式番号で話してほしい。
話についていけん。。。

2006年2月20日 (月)

北陸道高速特急バス

名古屋ー福井線を往復で使いました。

行きは福井鉄道バス。
10分前に行くと運転手による改札が行われていました。
この運転手氏、きさくな人です。
口調も特別固くなく、客商売としてこなれた感じ。
失礼な感じがないのに、人当たりが柔らかい。

出発しても名古屋駅前をゆっくりちんたらと走る。
自転車の方が明らかに早いけど、クルマが多い上に工事箇所があり、車線が確定してないのではしかたない。
まともに動き始めたのは、栄生交差点を右折してから。
それでも22号線をゆっくりとゆっくりと走る←主観的
高速に入ると風きり音が気になる。窓も次第に曇ってくる。
それでもバスはゆっくりと走る。
車間を取ってゆっくりと。

ETCレーンでは所定通り20km/h以下の速度しか出てないし、乗っている側としてはとっても安心な運転でした。
高速道路での運転手の技量というのはさすがに大したもので、後ろ姿が良い。

後ろ姿というのは、後ろから見たクルマの挙動のことです。

車線の中をきちんと位置取りして走ることができない。
車線の中を右に寄ったり左に行ったり。極端にふらつくのではないから、直接に危険がある訳ではないが、下手なやつだな、とすぐわかる。経験上、女性や年配者に多い。

次に速度が安定しないクルマ。
速くなったり遅くなったり。また、他のクルマに影響されやすいやつ。
左側をたらたら走っているから抜こうとすると突然加速するやつ。これは何も考えてないやつ。

速度の調節をブレーキで積極的にやるクルマ。
これもダメ。
前後左右まったくクルマがいなくてもブレーキを踏むバカがいる。これだけは「バカ」と行っても差し支えなかろう。

平たく言えば、「安定しない」クルマのことを「後ろ姿の悪いクルマ」と言い換えてもいいかと思う。
うまいかヘタかではなく、どれだけ運転に集中しているかが後ろ姿に出るのであって、大変に運転がうまい人でも、子供が後ろで騒げば、安定して走ることは難しい。

これができるのは、バスの運転手でもなかなかいない。
まして高速道路を2時間以上も走れば眠けがわいたりするだろうし、他車に腹立つこともあるだろう。それらを越えて、この日の運転手はうまかった。

実は「強烈にうまかった」と感じたのは、翌日のバスの運転手と比較したからだった。
「飛ばすなー」と感じた割には、行きも帰りも運転時間は同じだっのだ。
ということは、速さを感じさせずに定刻運転できる運転手の方が当然優秀だということになる。
速さを感じさせない=乗客は安心する
運送業者としては、プロなんです。
この運転手氏は途中のバス停での乗降でも、バスの外までちゃんと出て、応対しました。
気分のいい運転手で、次回も福井鉄道を使いたい、と思ったものです。
でもバスは比較にならんほど、帰りのバスがよかったことも書いておこう(笑)

そういうわけで、帰りの運転士手が特定できる、自分の書きこみは削除します(笑)
別に帰りの運転士がヘタってことはではなく、おそらく、行きの運転士が優秀過ぎたということなんだと思いますけど。

2006年2月 2日 (木)

消えてなくなってほしいもの

>昨年3月に名古屋鉄道が路面電車を廃止した岐阜市では、線路
>を残してDMVを導入出来ないか検討中。

驚くべき岐阜市の身勝手さというほかありません。
大赤字にも関わらず時間4本の列車を確保していた名鉄の努力を無
にしたあげく、名古屋鉄道の財産でもある岐阜市内線の軌道を、岐阜市は名鉄の許可を得て再検討を始めているのだろうか。
もういい加減にしてほしい。
岐阜市って交通施策に関してまったく一貫性のない、少なくとも自分が知る限り最低の自治体というほかない。

この際名鉄は岐阜県から撤退すべきじゃないか。
岐阜なんかいらんいらん。
嫌われ者同士JR東海と仲良くやればよろしい。
あー腹がたつ!

2006年2月 1日 (水)

北陸おでかけパス

DVC00008 DVC00009
来る2/18に富山へ行くにあたって、最も近いJR西日本の旅客駅・米原へ行って来ました。
むろん、クルマです。
わざわざ前もって買わなければならない切符の名称は、

北陸おでかけパス。
お値打ちな分、制約が多い。
1.使用1ヶ月前から発売される。
2.使用する7日前までしか発行しない。
3.土・日・祝だけに販売される。
4.発売される駅が限られている。

その昔、北陸ワイド周遊券という切符がありました。
南は敦賀、東は糸魚川、平岩まで自由に乗降できた切符でした。

おでかけパス、北陸ワイドの救済切符ということもできるかもれません。
制約が多い分逆に乗降区間は以前に比べて拡大され、南は北陸線・長浜、小浜線・青郷、東は北陸線・谷浜、大糸線・中土になりました。
ただしフリー区間までの運賃は必要になり、特急・急行には乗れません。
しかし2000円という安さ。

問題は扱う駅が近くにないこと、一週間前までには購入しなければならないこと。
おりからの雨で体を持て余していたこともあって、ドライブがてら米原まで出かけてきました。

JR西日本は頭が低い。
某豊橋駅の態度の悪い社員のいる会社とはえらい違いで、米原駅の窓口係は言葉もていねい、態度もよく、気持ちよく切符が買えました。
JR倒壊..東海は西日本に接客を学んだ方がいいんじゃないか?と思いました。