最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

音楽

2012年4月29日 (日)

YES 大阪公演

松山が期待以上の町だったので、すっかりテンションが上がったままホテルにチェックイン。
それでも時間が近づくにつれてテンションがあがってきました。
コンサート前には軽く飲んで軽く食事して入場しますが、ジョッキ1杯のビールで頭が上気し、あっという間に酔いが回りました。
興奮のために脈拍は軽く100回/分を越え、めまいかっ?!っていうほどの興奮状態。
グッズを買うつもりがないので、開演10分前の入場でした。
彼らはすぐに出てきました。
落ち武者、デ○、ハゲ、そして大男(笑)
ギターのスティーブ・ハウは一昨年のASIA名古屋公演以来です。

技術的なことはさておいて、やはりすばらしい、YES!
来日前の体調不良で、突然起用されたリードヴォーカルのJon Davidsonも、丁寧に歌ってて好感が持てました。
とてもアメリカ人とは思えない(爆)
好みで言えばBenoitよりも好きかなあ。Benoitは彼なりに一生懸命やってたけど、ムリしてAndersonってぽい声を出してるような気がし
て、それが心地よく感じなかった。だからFly from hereは割と彼の個性が出てて好感持ってます。
歌っているときの気色の悪さがJon Andersonによく似てましたが、歌のうまさ(?)はとてものことAndersonに及ぶところではありま
せんでした。
どうせならケープをまとえばよかったのにね(苦笑)

コンサートではベースのChris Squireが右、その後ろにドラムのAlan White。
向かって左にSteve Howe、背後にGeff Downes。
ぼくらの席はSteveのほぼ正面であったので、Chrisがよくみえなかったのですね。
Steveはええです、ASIAでも見られるから。
なんとしてもChrisが見たい!
遠目に見ていたら、一度だけやって来ました!
Starship TroopersではおなじみのChrisのベースソロ。
Steveのそばまでやって来て、ちょっかいを出すそぶり。
「なんやねん、おまえ」という表情のSteve。
この掛け合いはお約束です。
昔はどうだったのかねえ。

あっという間の2時間。
エンディングは総立ちで、Starship TroopersとアンコールのRoundabout。
もう熱狂の渦でした。

選曲に対する不満は、多くの人が書いているようにOwner of a lonely heart。
この曲はいらんでしょう。
Siberian Katruだって聞きたいし、Machine Messireだって聞きたい。
この曲のギタリストはSteve Howeでもないし、この曲をやる必然性が見当たらない。
後ろの座席の人は奇声を上げて喜んでいたけれど、大半の観客は落胆したんじゃないだろうか。

組曲Fry From Here、これはCDよりもよかった!
Youtubeなどで見る限り最近の演奏はスローペースだったのを心配していたけれども、実際にはそんなものほとんど感じなかったなあ。
うまさばかりが目立つステージだったように思います。

あとはJon Andersonを見ることですね。
下手でもなんでもいいから、Steve 、Jon、Chrisが3人並んでコーラスするところを見たい。
できればClose to the edgeで。

2012年4月24日 (火)

続 ASIA来日決定!

さすがASIA、やはり名古屋にも来てくれるのね!
箱はZEPP NAGOYA。
会場がタイトでいいみたいであるけれど、小さすぎじゃないかい?
なにしろ椅子席だと500あまり、オールスタンディングで1700。
実績からして2000は必要だからオールスタンディングってことでしょ。
ASIAのファンは年齢層が高いのに、こういう入れ物が妥当なのかい?
2時間たちっぱなしってしんどいぞ。
しかも500円値上げされたし、入場時にはドリンク券を買わなければいかんらしいし。
YESを見て、自分がASIAに求めていた物を思い知った今ASIAに従来ほど期待していない。
この環境は厳しいなぁ。
文句言いながらも見に行くんだろうけどさぁ。 

2012年4月17日 (火)

ASIA来日決定!

今日からYesが東京・渋谷公会堂でJapan Tour開始!4本じゃTourでもないか。
そして9月24、25日にはASIAが来る!
ダブっているふたり、Steve HoweとJeffrey Donwesは二度目の来日ね。
気になるのはASIA公演の日程で、毎回きちんと名古屋に来ていたけれど、今回東京でやったあと大阪直行なのでひょっとしたら名古
屋は飛ばされるかもしれない。
どちらも好きなバンドでありながらも、自分の中でASIAはYESより格下だと思ってます。
YESが名古屋を飛ばしたからそれにならったのだろうか。
ASIAもえらくなったもんだ(笑)

どうか名古屋にも来てください。
今日は税務署の青色申告指導会、明日から2日間は中山道ウォーク、一日おいて尼崎アルカイックホールでYesの来日公演。
金も大変だけれど、体も大変。
モチベーションが持続できるかどうかが問題。
世界が広がると何かにつけて大変です。

2012年1月12日 (木)

追記

Yesといえば、Steve Howe、Steve HoweといえばASIA、ASIAといえばJohn Wetton、John WettonといえばKing Crimsonですな。
Wikipediaでプログレあたりをあさってると必ず出てくるリンクですが。
ASIAではほとんどボーカルばかりで、ASIAから入った自分なぞ彼がベーシストだという認識もまったくありませんでしたし、ベースなんてそれ自体を聞く物じゃないと思ってましたから、気にも留めてなかったんですが、まあChris Squireのおかげ(せい)ですかね。
そのJohn Wettonのベースが聞きたいと思って、King CrimsonのLarks' Tongue in AspicをiTunes で探したわけ。
でもなぜかないの。
これだけじゃなくて、クリムゾンの曲そのものが極端に少ない。
なんだかとっても残念なままYes songsを買ったのでした。

Yes songs購入

相変わらずYesにはまったままです。
iTunes Storeで毎月1枚程度を人気順に買い集めてる状況。
Tormatoを買うつもりだった今月、「最強ライブアルバム」の呼び声高いYes songsを買いました。
最近のYesしか知らない者には、このライブはすごい。
現在の彼らは、たいていの曲についてアルバムのよりも演奏速度が遅い。
Fly From Hereはまさか遅くはないだろうけど、特にハウ爺から始まる楽曲の場合、遅さが目立つ。彼自身のために遅くなってるのではなさそうだけど、これがとっても残念なのだ。
まあ39年も前の演奏、彼らもまだ20代だったんだねぇ。
早い早い^^;
アルバムよりも早いんだよ。
走りすぎだよ。早く帰りたいのか?(笑)
ハウ爺のギタープレイも目立つが、Chrisのベースの響きも心地いい。
確かにブリブリっていうかゴリゴリっていうか、そういう音を発しているんだねぇ。

そういうわけで、相変わらず社会復帰できてません。
素晴らしきかな、Yes!

2012年1月 6日 (金)

Yes!

4月、大阪まではるばるYesのコンサートを見に行くのですが、アルフィ好きの妻も参戦するために、休みを取ります。 中山道ウォークも重なるために、なんと4連休を取るのだとか。
日曜も合わせて5連休?! まぢですか。
その下工作のため、上司と話しをしたそうです。
妻「水木は中山道ウォークです」
上司「そっかー。で、土曜日は?」
妻「コンサート行くんですよぅ」
上司「だれの?」
妻「YESです。」
上司「YES好きだったんですか?じゃあキング・クリムゾンとかうんぬんかんぬん...」
妻「いや、私じゃなくて旦那が^^;」

上司はギターが好きらしいので、Yesのような凄腕ギタリストがいるバンドを知らないことはないでしょうが。
「あのグルーブは曲が長いですからねー。もちますかねー(苦笑)」 だそうです。
世間の認識そのままですな(笑)
でもたぶんおじいちゃんばかりなので、長い曲はやらない(やれない?)と思う。
今回はニューアルバムFly From Hereのツアーなんで、Trevor Hornの曲が多くなってます。ホントはClose to the EdgeとかThe Gate Of Deliriumが聞きたいけど無理だろうなぁ。

2011年6月22日 (水)

YES & ASIA

あらゆる評価からフリーなつもりです。えぇ。
そもそもそういう関連の雑誌も読まないし、人の意見も聞かない。
音楽って嗜好の物ですから。
最近気になるのはASIAとYES。
プログレッシブロックという共通点がいわれるけど、それも聞かない。ASIAがプログレなのかいわゆる産業ロックなのか区別できないからね。
そもそも音楽をそうしてわけるってことはナンセンス。音楽好きはそんなこと百も承知という上で、話しをするんでしょうがね。

YESが今日ニューアルバムを発表しました。
これを聞いてふたつのことがすぐ頭にひらめいた。

1.アルバム90125はASIAの成功に刺激されたJon Andersonが作ったアルバムだというのは間違いであること。90125はYESの正常進化の線上にあること。

長く思ってました。
1983年頃、中学生にはとって既にYESは伝説のバンドでした。
ジミヘンだのディープパープルだのいろんな誘惑はあっても、一番はベイ・シティ・ロ−ラーズであり、ビートルズだった。
Owner of a lonely Heartも流行歌の一つであり、90125もわかりやすい今時のアルバムっていう印象。けれど、YESのアルバムを聞くと、だんだん変わってくる。FragileとDrama、同じバンドなのか?っていうほど。「YESというバンドはオーケストラがメンバーを変えながら存在するように」と誰かが形容していました。
Jon AndersonがいないYESはYESではない、そんな意見もあるようです。
ハンドは進化する。
Please Please Meを作ってたバンドが、わずか8年後にAbbey Roadを作るなんて夢にも思わなかったように、YESも大きな変化をしている(と思う)。
FragileとFly From Hereとは違っても、90125とは何かつながるところがあると感じる。
それでいいんだよ。

○ASIAはあくまでもJohn WettonとGeoffrey Downesが主体のバンドであること。Steve Howeは一線を画している。

ニューアルバムFly From Hereを聞くと、プレグレっぽい雰囲気が漂う。そこはかとなく(笑)そこに哀愁のギターを加えるのがSteve Howe(以下ハウ爺)だ。ギター以外の音に注目しなくなると、ASIAと間違ってしまう。ウソーーーーっ!
これにはびっくりしました。
でもOmega聞けば、ギターがなくとも明らかにASIAの音。
なんだこりゃ!

○おれはひょっとしたらASIAでもYESでもなく、ハウ師匠が好きなのかもしれないということ。

まだわかんないけど、そんな気がする。
ハウ爺ラブ

2011年6月21日 (火)

ムリして起きている理由

もう寝たいんですよ、えぇ。
休みでも極力昼寝しないよう心がけているんで、休みといえど夜は早いです。

6/22、Yesがニューアルバム、Fly From Hereを出すので、iTunes Storeでダウンロードするつもりなんです。
オンラインだから、0時きっかりにダウンロード販売されるんじゃないかなと期待して、0時を待っているところでして。
明日は浜松の現場なので、往復の道中で、ダウンロードしたての音源をiPodにいれて、カーオーディオで聞きたい。

あと1時間きりましたね。
はーーーーーーっ!

2011年6月19日 (日)

Paul McCartneyファンです。

Beatlesを含め、確かにファンではあるけれども、しょっちゅう彼らの曲を聞いているわけではありません。
時には半年くらい聞かないこともある。

Off The Ground(1993)以降は実はほとんど聞いてない。
Back To The EggとかMcCartney2を聞いたり。
聞かなくなったのはおそらく他に興味が移ったから、生活環境が変わったから、なんていう理由だと思う。
でも時折なぜか無性に彼の曲が聴きたくなる。
とにかく聞く。飽きるまで聞く。
覚えるまで飽きないのが不思議なところ。
今現在、Chaos And Creation In The Back Yardにはまっているところ。
なぜかFlemming PieとRun Devil RunそれにDriving Rainを飛び越えて。
あ、Run Devil Runに関しては聞いた事がないや。

どこかに同じようなフレーズがあるのか、リスナーとして聞いていてもすっと自然に体の中に入ってくる。
同じような曲なの?
以前聞いた単語の羅列?
そういうものなのかどうかはわからないけれど、抵抗がない。
曲の大筋だけ覚えれば、すぐに歌える。
2〜3度声に出せば、もう普通に歌えるようになる。
覚えやすく歌いやすい。これもPaulの持ち味かな。

彼のアルバムには、自分自身の歴史がしみこんでいる。
Back To The Eggを聞けば、今は亡きおじさんの思い出がよみがえり、Tug Of Warを聞けば右も左も分からず働き始めた頃を思い出す。
当然家族のことも思い出し、当時がよみがえる。
Paul McCartneyの楽曲にはふるさとがあるといっても過言ではないと思う。
東京で聞いても彼らの歌声は、360km離れた名古屋を感じさせてくれる。
とっても不思議な感覚ですが、それが真実ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

彼は昨日が誕生日でした。(おめでとうーーー!)
そして来年の6/18にはとうとう古稀を迎える。
もう一度、日本に来てくれないかな。
1990年の東京ドーム、チケットを買っていたのに中止になったのだから。 

2010年11月16日 (火)

1984

1984といえば、まずはこの曲
Hot For Teacher

もうひとつは、これ。
Panama

同時期、マイコーに呼ばれてゲスト参加したのがこれ。
Beat It
すまんが、Beat Itの魅力はここのみと言って差し支えない。

Van Halenの1984といえば、だれもが知るJumpという大ヒットがあり、セカンドシングルとしてI'll waitがあるのだが、体中の血を沸かせてくれるのは、この2曲。
Hot For TeacherなんてB面の一曲目なんだけど、ギター小僧っていうのは惹かれる部分は同じみたいね。
あ、おれはギター小僧じゃないけどさ。
Beat Itのギターソロ部分のコピーは、Youtubeで検索すると、これでもかという程ヒットするのね。
そのだれもが、ギターソロしかコピーしないというところに、この曲の良さがある(爆)

より以前の記事一覧