最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2014年4月 »

2013年2月

2013年2月16日 (土)

三丁目の夕日'64

んーーー、これはファイナルって感じかな。
あんまり乗り気しないけれど、「そんなに言うなら完結させとくか」って作ったような作品ね^^
おもしろさが感じられなかった。
逸話が型どおりで、すべてが予想通りになってしまってた。このドラマの色になれたか。
前2作に比べたら、吹いて飛んでしまうような作品でした。

個人的に言うならこのドラマの悪いところは、舞台が昭和39年であること。
テロップで「昭和39年」で出た瞬間に、「おれ知ってるよ」となってしまう。
もう生まれてたからしかたないよ。
そうなってくると、夕日町の風景が一気に現実になり、作り話ばかりの時代ではなくなってくる。
この映画が描いてるような”幸せな時代”ではないことを知ってしまってるからか。
メインのキャラクターが一人前になっていく姿を描いたんだろうけども、もうストーリーが見えちゃってる悲しさ。
現実に、ありがちな話しを見せられてしまうと当然夢がなくなるんだねぇ。

茶川先生が家を出たくだりだけども、作家っていうのは客観的にみる力がなければ小説なんぞ書けんでしょう。
しかも茶川先生は一通りの苦労を経て作家になったのであるから、おややじさんの真意がわからなかったなどということはあり得ない!
淳之介を育て子の親となった者にその気持ちがわからないとは、最後のシーンの裏付けが成立しない!
「自分のコトはわからんもんだ」なんて陳腐なセリフで擁護されるほど、甘くないと思う。
力不足というより、製作意欲が弱くなったといことでしょうかねぇ。
集中力の欠如というか。
三丁目の夕日でなかったら、単なる駄作ですね、これ^^
キャラクターの力と魅力でなんとか作り上げた感じですね。

タイトルは、三丁目の夕日 finalでいいでしょう^^ 

« 2012年5月 | トップページ | 2014年4月 »