最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中山道ウォーク(23)北野神社→謡坂一里塚 | トップページ | 花園商店街・謎の道 »

2012年4月12日 (木)

実写版宇宙戦艦ヤマト

特にヤマトヲタクというわけでもありませんが、やはり宇宙戦艦ヤマトといえば見ずにいられない。
アニメ版なら見ませんがね。
だってそういう世代だもん。
打倒!グレートマジンガー!!!(爆)

ま、これ異常期待してくれるな!というほどのできだとは思います。
製作側の「これ以上は2時間ではムリ」っていう開き直りする感じました。
波動砲発射口のふた、第三艦橋の爆破など、アニメへのオマージュも随所に埋め込まれニヤリとさせられました。
キムタクと黒木メイサのキャラ設定は悪くないんだけど、終盤抱き合ったりする表現はどうなのかな。
英雄色を好むといいます。
生きるか死ぬかの時に生殖行為に走るという話しもあり、パルス銃で気絶させた森雪をいただいてしまうのかと思いましたよ。
だってあのエロエロの体ですよ!
しかもご丁寧に”まな板"の上に置いて...
結局古代が死ぬことへの伏線だったわけですね。
まぁイヤらしい。
あのあたり陳腐すぎて一気に冷めてしまいましたね。
前半うまくだまされてきたのに、現実に戻されてしまったかな。
古代を中心としたストーリーもとても好感持てたし、むしろ似たようなことをだらだらと続けているアニメ版よりもすっきりしてて好きかもしれない。
逆にその分他のすべてが犠牲になりました。
ガミラス人の都合、ヤマトという物体への擬人化。
ヤマトにとってこのふたつはかけがえのないものなのですが、表現する時間がないですよね。
やたらと登場人物を消してゆく設定も必然性が感じられずに「なぜ?」の連続。
そもそも最終的な致命傷となった波動砲の発射口に打ち込まれたフタ、イスカンダルからの長い航海中放置していたのですか?
それだけで司令官失格ですよ、あ〜た。
個人的には十分及第点出せます。
けれど納得できなかった部分を続編で表現していって欲しいな。
登場人物は大半死んでしまったけれど、立ち位置を変えればいい。

ところでこの作品て、昔からモノに対する執着がないですよね。
「この船は私たちのために再び戦ってくれる」って、ゴジラVSキングギドラに出てくる帝洋の権藤会長のような感傷的な言葉はないのですかね。
それとこれも発進時。
劇場で見たかった!というほどのCGだったのかなあ。
CGばかりに力を入れて、 音楽がなおざりになってない?
発信したばかりのヤマトに唐突にミサイルが飛んできて波動砲で打ち落とす。
この作品最大の見せ場なんですよ。
音楽で盛り上げながらゆっくりと浮上するなかにも、スピーディーさが欲しい。
映画なんだからもっと意識して欲しかった。
最大の見せ場がドラマの一番最初に来てしまうのがこの作品のヘンなところ(笑)
CGのヤマトは実写版でも、そのあたりの表現のコストパフォーマンスを思ったら、映画全然ダメね。

宇宙戦艦ヤマトはかっこいいかもしれない。
でも戦艦大和の方が圧倒的に美しい。
お話になりません。 

« 中山道ウォーク(23)北野神社→謡坂一里塚 | トップページ | 花園商店街・謎の道 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/56339344

この記事へのトラックバック一覧です: 実写版宇宙戦艦ヤマト:

« 中山道ウォーク(23)北野神社→謡坂一里塚 | トップページ | 花園商店街・謎の道 »