最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 続 ASIA来日決定! | トップページ | 伝建・松山 »

2012年4月24日 (火)

喫茶文化

お茶という植物がある。
これを乾燥・精製し焙煎するとお茶という飲み物になる。
お茶という植物から作られるからお茶のはず。
ウーロン茶、紅茶すべてお茶の葉っぱから作られる。だからお茶という。
ところが麦茶という妙な飲み物が存在する。
茶の葉を使わないのになぜお茶なのか。
近頃ではハーブ茶などいう得体の知れない物までが存在するようになった。
もっとおかしいのは、だれひとりとして「なんでお茶と呼ぶのだろう」と疑問に思わないこと。
言葉を商売にしているひとすら平気で「麦茶」など書く。
文化もへったくれもない、なんというなげかわしさなんだろう!なんてことは実はどうでもいい。お茶を飲み物の代名詞に変えるほどお茶という飲み物が日本人の中で定着したというから。

ところが。
なぜかコーヒーだけはコーヒー茶とは呼ばない。
まったく日本人というのはいい加減な民族だわ。
言葉については大昔から寛容だけれど、ちょっとはずかしいのさーー。 

« 続 ASIA来日決定! | トップページ | 伝建・松山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/56339373

この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶文化:

« 続 ASIA来日決定! | トップページ | 伝建・松山 »