最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 室内でフリースを | トップページ | 中山道ウォーク(20)板鼻宿→松井田宿(1日目) »

2011年12月31日 (土)

中山道ウォーク(19)馬籠宿→小石塚立場

また雨の中山道です。
ここのところ雨続きで気分を害していますが、予報は小雨だというのでいい方に信じるしかない。
とはいうものの到着時既に雨。
雨は昼からじゃないのかーー(T^T)

Th_img_8618

駐車場からトボトボと宿場内を降りていきます。さすがは観光地、いろんなものが売られています。
山菜とか五平餅、朝の10時過ぎから食事をできる店もあります。
妻は手焼きせんべいを買いました。
初めて来た30年ほど前は、食べ物屋や資料館などはあったものの、浮かれたような店はありませんでした。
むろん当時は手焼きせんべいの店などはなかった。
「ざらめでもいい?」
ざらめせんべいだけは苦手だ。ビールのつまみにならんじゃん。
妻籠に影響されて馬籠も観光地としての体裁を整えたけれど、さすがにこちらは完全なる観光地ですな。
古い家などほとんどない。
それっぽくなってはいるけれど、多くの家が平気で妻面を街道側に向けているし、出梁風の建物もよく見れば新建材だったり。
よくできた観光地ではありますが、妻籠ほど徹底されておらず、そりなりにといった感じでしょうか。
ここの魅力はも坂に展開した宿場ってことでしょうか。
坂にできた宿場って中山道筋では別に珍しくもないけどこれほど急な坂の途中っていうのはさすがに現存しないような気がします。
そういうわけで、馬籠は思いっきり素通りしました。
枡形にもある水車も悲しく映る。

宿場を離れるとすぐに旧街道の風情が感じられるのが、今の馬籠のいいところです。
急な坂を上っていく様がとってもいいのね。
西へ向かっても、坂をのぼりおりし、馬籠宿のはずれ新茶屋に着きます。
時折道幅が拡幅されているので旧態は想像できませんが、田舎っぽさが心地よい。
この日は雨で深い霧が現代を隠してくれて一層気分が盛り上がりました。
雨は弱くなったり強くなったりで、時には傘をたたむ時間もあります。

新茶屋は馬籠のはずれ。
木曽の西端、そして信濃と美濃の境。
深い霧に包まれた新茶屋の旅館は、神秘的に見えてきます。

ここから石畳の下りが始まります。
石は苔むしてつるつるとよくすべる。
二度ほどすべりってしまいましたが、幸いと転ぶようなことはなく無事医王寺まで出ました。
医王寺は知人の親戚のお寺なんですが、ここでは関係がありません。
数年前に中津川から歩いたとき、境内のしだれ桜は満開でした、中山道を覆うほどの見事な桜です。
さらに下ると谷底となり、落合橋で川を渡って落合宿に到着です。
以前は何もなかった宿場でしたが、今は古民家を使った雑貨屋様の店がでてきいるようです。
ただし営業日が少なくて、にぎやかし状態なのが少し残念です。
古い民家をうまく利用した雰囲気のいい店でしたよ。中に入ってみたかったなぁ。
宿場が終わると、左に曲がって19号バイパスを高架で越えます。突き当たりがおがらんさま。
そのおがらんさまでなにかイベントが行われていたようです。
門前で待ちかまえていたおじさんに、五平餅をいただきました。
肉といっしょに焼いていたのか、ほのかな肉の風味が普通の五平餅よりもおいしく感じさせてくれました。

その先を行って、今度は19号をくぐります。
ここからの上りがきつんだな。
息が切れる。体内で警告音が鳴っている気がする。

Th_img_8788

青息吐息で上りきり、中津高校を過ぎれば中津川の町が眼下に見え、かつ旧中山道がまっすぐと足の下から伸びています。
分断する道路を歩道橋で越えて高札場跡から宿場内へ。
六斎市をやっているという話しですが、かなり大雨になってきて、買いものどころではなくなっています。
ちら見しただけですべて素通り。中山道資料館のみ冷やかして、そのまま西進し目的の川上屋へ。
ここまで酢屋もあったんですが、六斎市の真ん中にあり通り過ぎてしまいました。
もうそんな余裕はなかった!
そのあとははざま酒造でいつものように酒を買いました。
ここの店、3回増築しており、そのたびにうだつをあげています。
うだつの三重連が見られるんですね。
しかも近頃内部を公開していると聞いてお邪魔してみました。
ここまで街道筋に何軒の造り酒屋があったとか、いろんな話しをお聞きできました。
そういえばこの中山道ウォークで酒を買い始めたのは茂田井の武重さんでした。
塩名田から茂田井まではなかったのだろうか。
ちっいと気になるなぁ。
「次はたぶん美濃加茂で買えると思います」とのこと。
楽しみにしておきますべい。

街道歩きは、このまま宿場を抜けて古手の坂を越えます。
古手坂は上宿の尾根へと上がる坂で、この先なだらかな道をゆきます。
「この先の公民館で地区の文化祭やってるからよかったら見に来て」と通りすがりのおじさんに声をかけていただいたけれど、時間的余裕がなく、素通りしました。
中津川ICと出会ったところで今日は終わり。
「チコリ村」っていうのがゴールなんだけど、チコリ村って何?
焼酎メーカーの売店みたいでした。
何も買うことなく、バスに乗り込みました。
街道歩きそのものは変化があって楽しかったんですが、腹が減ってどうにもならぬ。
妻に昼を任せたのが間違いでした。
今後は自分でちゃんと管理しようと誓いました。
食い物に困ったことのない素人街道歩きはこれだからイヤだw 

« 室内でフリースを | トップページ | 中山道ウォーク(20)板鼻宿→松井田宿(1日目) »

中山道」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます♪
本年も宜しくお願い致しますhappy02

大和の製作は順調でしょうかsign02wink

今年こそは製作を進めたいと思っていますcoldsweats01
完成はいつのことやらdowncoldsweats01(笑)

おめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(_ _)

大和の方はもう2ヶ月ほどほったらかしに。
16mm機銃を作るのがどうも精神的にしんどいので、気力がたまってくるまでほっとくことにしました。
船体の方はたまーーーにペーパーかけてますよ^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/53614029

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道ウォーク(19)馬籠宿→小石塚立場:

« 室内でフリースを | トップページ | 中山道ウォーク(20)板鼻宿→松井田宿(1日目) »