最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 明治と昭和の違い | トップページ | 雨が降り出しました。 »

2010年12月12日 (日)

中在家花祭り

1638095658_62

1638095658_113

1638095658_195

中在家はとっても小さな集落でした。
クルマを止めると笛と太鼓の音が聞こえてきます。
山に囲まれたとっても小さな集落だから、音が反響して聞こえてくる。
青い空に紅葉交えた木々。
DNAに刻み込まれたとか前世の記憶っていうことばがすごく嫌いなんで、否定した上で考えます
これでふるさとを感じるというのは、何かの刷り込みなんだろうか。
子供たちが舞っていました。
意識は回りの山の上に移動する。
山の上から見下ろしている自分は、さしづめ天狗か。冬の寒々しいちっぽけな平地に人々は火をたき、湯をたく。
普段なら寒さにふるえているが、この日は大きな音を出し、体を動かして寒さと戦う。
大勢で戦う。
子供も大人も冬と戦う。
寒さはおおらかに、いつも同じ力で応戦する。

518924_897782664_238large_2

518924_897782670_33large

決して多くはない人たちがやっている祭りだから、みんな一生懸命。だけど娯楽っていう姿勢は堅持している。
そこがいいんだなあ。
自分たちの方と見れば仲間のように受け入れる。
言葉も何もないけど、そういう空気が存在する。
そういう空気を感じてしまえる人間ていうのは、写真を撮るのに甚だ不向きです。
祭りが楽しくて、仲間に入りたくなる。
カメラの師匠たちは、「足ズーム」を勧める。
ズームリングを使うのではなく、自分の足で近づいて撮れということ。
だけど自分の場合一歩近づくごとにカメラが下を向く。
シャッターを押さなければならないのに、カメラは抱きかかえたまま、足は囃子に合わせてステップを踏んでしまっている。
祭り慣れするしかない。
そんな心中を見透かしたように、近くにいたまつりのおじさんに酒を勧められました。
地区によって微妙に踊りが違うとか、神事そのものも大変おもしろいから、ぜひ見ていってと。
一人ならなあ、今この時間(まつり当日21:45)もまつり会場にあったでしょう。
せめて夜の寒さにあたりたかった。
あの地区の人たちが、どういう寒さと戦ったのかを。

午後3時になると、完全に日が沈んでしまいました。
急激に寒さがやってくる。
寒さには強い自分も、耐えられないほどの寒さ。
だって寝るのシャツとTシャツだけなんだもの^^;
上にフリースを羽織ってもまだ寒い。
どこまで冷えるのか興味津々だったのに、腰が痛いという妻とともに早めに帰宅しました。

中在家という小さな集落で小さく生きてきた人たち。
うらやましいようなうらやましくないような。
そう思える自分は、幸せなんだろうな。

« 明治と昭和の違い | トップページ | 雨が降り出しました。 »

おまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/53607844

この記事へのトラックバック一覧です: 中在家花祭り:

« 明治と昭和の違い | トップページ | 雨が降り出しました。 »