最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

心が暖かい寒い夜

29日は仕事納め。
仕事がないのに毎年半日程度の仕事を探し出してきて、午後から倉庫整理で2〜3時頃上がるって言う毎度のパターン。
休みにすりゃあいいのに。
で昨日は朝から名古屋へ行きましたよ。
小豆島のマイミクが帰ってくるとあっては、行かないわけにはいかない。
彼らは18きっぷを使って29日にやって来た。
30日は昼飯からいっしょ。
その足で1次会、二次会となだれ込み。
いつものホテルに泊まって今朝早くに豊橋に戻ってきました。

けっこう時間的に詰まってきてからの話だったから、参加者のとりまとめが大変でした。
けど終わってみれば、全員来てくれた。
いつも死ぬほど仕事している人も合間を見て来てくれた。
合うのは二度目だったけど、うれしくって抱きついてしまったよ。
雪をおしてきてくれた人、すっかり壊れてしまった人、みんなありがとう。
ひろっちに代わって礼を言います。

そして今夜。
妻は町内の炊き出しへ、ボーズは隣の氏神へ遊びに。
家には自分ひとり。
年忘れにっぽんの歌も終わった。
山田太郎が村田英雄の歌を歌い、カトチャン出て小林旭を見てちょっと幸せな気分になった。まだ同時代の人が元気に歌ってるよ。

で、このあと二川八幡神社へ初詣に行きます。

2010年12月27日 (月)

おにぎり30コ

ゆうべ実家へ帰ってきたんですよ。
45年間親不孝してきたんで、埋め合わせに必死になってるんですが、仕事の都合もありなかなか難しいです。
そういう時、頼りになるのは妻。
昨日は換気扇のそうじすることが第一義。
嫌がることもなくせっせと笑顔で手伝ってくれる妻を見てると泣けてきそうな気持ちになってしまいます。
結局早起きして睡魔に襲われた自分が先にダウン。
「ここもかんたんにきれいになるから」とステンレス製の棚までせっせとふきそうじしてくれました。
妻に感謝。

夜帰宅前に消防団へ激励を兼ねて夜食の差し入れに行きました。
金の方がいいかとも思うんですが、なんか安易すぎてイヤなんですよ。
だからいつもコンビニでおにぎりを買っていきます。
この日は30コのおにぎり。
詰め所へ行って見ると真っ暗だぞ!
電気が付いてないっ!
26から30日の5日間が年末夜警のハズ...
地元現役消防団員のマイミクさんに深夜であるにも関わらず問い合わせたら、「経費削減で4日間になったんですよ」とのこと。

が び ーーーーーーん!

「もう2〜3年になります」と。
そうだ、前回激励に行ったときは、最終日に行ったから気づかんかったんだ!
あーーーせっかく懐かしい顔を見られると思ったのに。
残念!
それよりおにぎりだよ!
どうすんだよ、30コ!

「夜食にしろ、明日の弁当に持って行け」と実家に8コおいてきた^^;
自宅に帰って2つ食い、朝食に3つ食べ、弁当に5つ。
ふぅ....
たぶん妻もいくつか消費したのであろう。
まだテーブルの上に3つほどある...

おいっ

実家へ行ったついでに、DoCoMoショップに寄ってバッテリーをもらってきました。
待ち時間になぜか妻はハンドマッサージのサービス、あたしは携帯を眺めていました。
なんだかスマートフォンみたいな機種ばかりでなにがなんだか分からず。
Xperiaだけじゃないらしい。
キーボードが内蔵されているものも多くあるし、どう見てもiPadのパクリにしか見えないデザインのディスプレイもある。
普通の電話でいいよ、普通ので。
スマートフォンなんて、電話機能はおまけだろ。
あのデザインで通話しやすいとは思えないもん。

こういう考え方をするからどんどん老けていくんだな。
何かの説明書を持てもちっこい字で書かれていたりするとローガンキョーなしでは読めない。いちいちかけるのも面倒くさく、よほど大切なことでない限り「どうでもいいや」となっちまう。入ってくる情報量は自然減る。

久しぶりに鉄道雑誌を買いました。
もうほとんどどうでもいいと思っていた鉄道の情報も、「キハ58定期運用消滅」なんていう見出しがあっては、どうしても手が出てしまう。
その他にはキサシ165の記事とか、大変興味を惹きました。
古い物の話、去りゆく車両の話に紛れて、C61の復活という記事も。
C61は動態化を目指すのに、キハ58系は去ってゆく。

自分と常に一緒にあったものが、どんどん消えていく。
いつかは自分も消えていく。
諸行無常だな...

2010年12月24日 (金)

クリスマス

ふふーん。
クリスマスが宗教系のおまつりだって知らないって?
興味がないだって。
ゴミ系の人たちに聞いたらしいインタビューの結果。
聞く人もゴミ、聞かれてる人もゴミ。
ゴミだらけだがや(笑)

現場からの帰り道、アピタ向山店は四方の道路が大渋滞。
平日の金曜日、なぜにアピタ如きに人が集まるか。
理解に苦しむのぅ。
子供におもちゃを買ってやるなら、事前に買っておけ。
毎年同じことを繰り返すのは、社会人失格。
繰り返す人はバカ。

幸い自宅はそれとは違う方向にある。
いつも通りにすーーーっと帰宅。
テレビもこの時期おなじみの特番ばかり。
仕方がないのでMusic Stationを見ながら酒を飲む。
同じ顔の女の子が入れ替わり立ち替わり出てきては同じような歌を歌っている。
最初は新鮮で良いが、そのうち飽きてくる。
ひとりぐらい鳥羽一郎入れてもいいんじゃない?
あとは飯食ってケーキ食って寝るばっかりだよ。

タモリってこんな顔だったっけ。
おれの知ってるタモリはもっと生き生きしてるぞ。

Happy Christmas,Akiyo.
Merry Christmas,my friend.

BGM:Frozen Japanese/Paul McCartney

2010年12月21日 (火)

にっぽん紀行 殻を破るシャッター by NHK鳥取

同じ性格を持つ...というより自分の方がもっと人見知りかも知れない。
自分は未だ初対面の人に声がかけられないんですよ。
このドキュメンタリーの主人公は高校生。ちょっとした行き違いから声をかけられなくなったという。
いかにしてそれを乗り越えるか。

「人が撮りたい」
人を撮るのは簡単だけど、人を撮ることは大変に奥深い。
どんなりっぱなカメラマンだって、ぼくが撮る妻の笑顔に勝る写真は撮れない(はず)。
けれど、一定のレベルまでは他人でも近づける。
身内の写真など評価の内には入らない。むしろヘンな写真だったら「愛情が欠けている」と言われてしまう(笑)
それを高校生がやろうとしている。
そもそもがカメラを持った子供に向けられた笑顔を撮ったことを発端にして、写真を始めたそうだ。
その頃の写真が何枚か紹介されたけれど、やはり満面の笑顔で見ている方も楽しくなるんだな。
その楽しさを忘れてしまった彼。
一月もカメラを手に取らなかった(取れなかったのだろう)気持ち。どんなに辛かったろうね。
へたっぴいにカメラマンである自分も、時折スランプに落ちる。
大体人まねから始めてるから、その殻に満足しなければ行き詰まるのは当然のこと。新しいことを始めなきゃその殻からは出られない。でも自分ではその「新しいこと」はわからないんだな。興味のないものなんぞ撮りたくない。
だからカメラを持ちたくなくなる。
写真は撮りたいんだけど、カメラを持っていても写真を撮ろうとしない。
もっとひどくなると、カメラを持たずに外出することすらある。
それがいかに辛いかはね、経験者でなければわからんだろうね。

彼は自力で乗り越えた。
自力といっても真実の自力じゃない。
他の人の評価とか、いろんな言葉、アドバイスなどを真剣に聞いているうちに目覚めてくるもんなんだな。でも形としてはスランプから抜け出すことになるし、大きな自信になる。
おれもそうしてきた(笑)

そんなことを考えてスランプ後の彼の写真を見ていたら泣けてきた。
涙が出て仕方なかったな。

2010年12月13日 (月)

雨が降り出しました。

Dvc00169

あさ浜松市役所で一仕事終え、いつもの豊川の現場に来ました。
あめ、好きです。
気分までしっとりしてきます。 

2010年12月12日 (日)

中在家花祭り

1638095658_62

1638095658_113

1638095658_195

中在家はとっても小さな集落でした。
クルマを止めると笛と太鼓の音が聞こえてきます。
山に囲まれたとっても小さな集落だから、音が反響して聞こえてくる。
青い空に紅葉交えた木々。
DNAに刻み込まれたとか前世の記憶っていうことばがすごく嫌いなんで、否定した上で考えます
これでふるさとを感じるというのは、何かの刷り込みなんだろうか。
子供たちが舞っていました。
意識は回りの山の上に移動する。
山の上から見下ろしている自分は、さしづめ天狗か。冬の寒々しいちっぽけな平地に人々は火をたき、湯をたく。
普段なら寒さにふるえているが、この日は大きな音を出し、体を動かして寒さと戦う。
大勢で戦う。
子供も大人も冬と戦う。
寒さはおおらかに、いつも同じ力で応戦する。

518924_897782664_238large_2

518924_897782670_33large

決して多くはない人たちがやっている祭りだから、みんな一生懸命。だけど娯楽っていう姿勢は堅持している。
そこがいいんだなあ。
自分たちの方と見れば仲間のように受け入れる。
言葉も何もないけど、そういう空気が存在する。
そういう空気を感じてしまえる人間ていうのは、写真を撮るのに甚だ不向きです。
祭りが楽しくて、仲間に入りたくなる。
カメラの師匠たちは、「足ズーム」を勧める。
ズームリングを使うのではなく、自分の足で近づいて撮れということ。
だけど自分の場合一歩近づくごとにカメラが下を向く。
シャッターを押さなければならないのに、カメラは抱きかかえたまま、足は囃子に合わせてステップを踏んでしまっている。
祭り慣れするしかない。
そんな心中を見透かしたように、近くにいたまつりのおじさんに酒を勧められました。
地区によって微妙に踊りが違うとか、神事そのものも大変おもしろいから、ぜひ見ていってと。
一人ならなあ、今この時間(まつり当日21:45)もまつり会場にあったでしょう。
せめて夜の寒さにあたりたかった。
あの地区の人たちが、どういう寒さと戦ったのかを。

午後3時になると、完全に日が沈んでしまいました。
急激に寒さがやってくる。
寒さには強い自分も、耐えられないほどの寒さ。
だって寝るのシャツとTシャツだけなんだもの^^;
上にフリースを羽織ってもまだ寒い。
どこまで冷えるのか興味津々だったのに、腰が痛いという妻とともに早めに帰宅しました。

中在家という小さな集落で小さく生きてきた人たち。
うらやましいようなうらやましくないような。
そう思える自分は、幸せなんだろうな。

明治と昭和の違い

茶番・龍馬伝はさっさと見切りを付けた者ですが、やはり坂の上の雲は欠かさず見ています。
もうドラマの格がまったく違うのねん。
「ここで失敗したら末代までの恥」と言うが如く、丁寧に作り込まれています。
NHKのプライドもあるでしょう。
ドラマ化交渉30年の熱意が画面にも出ていて大変好ましい。
渡辺謙による小説の引用も、とっても効果的にドラマを補完してるし。

この時代を語らせるとうるさいよ。
妻はいっしょに見ているけれど、彼女はすでに食傷気味らしい^^;
歴史に疎い妻に、ドラマの話をしても大変だろうから、人の生き様として話すものの、まだ「なにをいってるんだろう?」っていう色が見えますな。
このドラマを見て、愛国心とか、お国のためという言葉が持っていた正しい意味を理解して欲しい物です。

タイトル。
明治と昭和の違い。
それは「心の有無」じゃないだろうかと考えます。
死ぬ思いで一生懸命働いたのは明治も昭和も変わらない。むしろ敗戦によって自国の文化まで破壊された昭和の人々のがんばりの方がすさまじかったのではないか。
そこに欠如していたのは「こころ」。
他人を思いやる心、優しさ。
打ち砕かれた日本人の心に入ってきたのはアメリカ流の合理主義。
西洋の芸・東洋の徳が西洋の芸と徳になってしまった。
司馬遼太郎が明治人をテーマにして小説を書くのは、そういう違いを書きたかったんじゃないのかなと思ったり。
小さな小さな花祭りを見た夜には、しみるものが多い今夜の坂の上の雲でした。

2010年12月11日 (土)

カメラとレンズを通して見えること。

いろんなイベントに行きます。
地域の祭りだったり、クルマのイベントだったり。
自分がLレンズユーザーになったからというわけでもないんだけど、人のレンズとカメラがとても気になるようになった。
二川のおまつり。
カメラはいろいろだけど、やたらLレンズを見る。
TAMRONとかSIGMAなんてほとんど見ない。しかも赤いラインがあるレンズ。
「実際の一眼ユーザーってこういうもんなんだ...」と自分がハードに踊らされていたことに気づくも、TMSFへ行って180度変わった。

Lレンズなんてだれひとり使ってやしない!!!

一眼ユーザーはとても多い。
いろんな被写体があるから楽しみも多いと思うけど、標準レンズをつけたキスデジでスタンドの一番上段からレースカーを撮ってる人がいたり、EOS1Dにとっても小さなレンズを着けてる人もいる。
まるで自分を見ているような気がした(笑)
びっくりしたなー。
たいていの人はあれで満足なんだろうな。
自分もそうだったからよくわかる。
でもせっかくの一眼、あと一歩踏み出したいよねえ。
確かにLレンズを買うのは大冒険。
ましても素人に毛が生えたような人が100L macroなんて買わないよなぁ。
そこまで踏み込めたのは友人のおかげだなぁ。
一回目のスランプではINAZOに救われ、二度目はうっち〜に救われた。
技術力はともかく、やっと同じ土俵に立ったんだよなあ。

近頃は100Lだけを持って撮ることも多くなった。
くっきりと浮かび上がる被写体に一喜一憂する^^

2010年12月 9日 (木)

豊鉄観光の中山道ウォーキング

いつぞやのボージョレ電車で言ったことが、豊鉄観光に伝わったのか?
同社が新シリーズとして来年2月から始めるのが、中山道ウォーキング。
全42回(日帰り35回、1泊2日が7回)で、中山道を踏破しようという壮大な企画。
これに乗っかります!
第一回は日本橋から巣鴨までの約7km、第二回は巣鴨から戸田の約9km、第三回は一気に信州路まで飛んで、塩名田から芦田を越えて立科までの12km。
歩く距離は少ないけど、日帰り6800円は安いでしょ!
東京まで新幹線で往復すれば2万、夜行高速バスでも10000円前後はかかるもん。
だから気長に少しずつ歩きます。

竣工かと思った

Dvc00166

ベランダのFRP防水のトップコート塗りしてます。
建ってみれば、意外といい家だ。

2010年12月 5日 (日)

カルビネットでランチ@飯村

Dvc00164

3年ぶりだなあ、カルピネット。
まだ妻とつきあい始めた頃に来たことがあって、イタリアンの中では高級店の位置づけ。
まあ比較対象がサイゼリアとかキャナリーロウ、それに対しての高級店イメージですから誤解なきよう。

前菜もうまかったし、パスタもうまかった。
ランチメニューの中からキノコペーストのなんとかパスタというのを選んだんだけど、キノコソースの香りがたまらず、パスタを食べた後のソースまでパンに塗りたくってきれいに食べました。
そのあとにまだチキンソテーみたいなものが出てきて、大食いの自分もけっこう満足のボリュームでした。

前出の2店と大きく違うのは、単品が多いこと。
パスタやピザに代表されるイタリアン料理だけでなく、いろんなメニューがあること。
ワイン飲みながらそんなのをつまんだら楽しいだろうナァと思った。
また行きたいねー。 

ササユリの植え替え

Th_img_4023_3

Th_img_4028_2

もう12月になってしまいましたが、なんとか年内に植え替えられました。
だ忘れてただけだったのね。
だって普段はランばかりいじってるから、青々してるユリの葉を見て植え替え用なんて言う発想が浮かばないんだもの。などと言い訳してみる。

けっこう根を張ってました。
鉢の外周には少なくとも下根は回ってた。
名古屋では大半枯れてしまうササユリですが、やはり豊橋は多少なりとも涼しいんだなと再認識。

そろそろ開花サイズの球根ですが、来年こそは初花を見ることができるでしょうか。

2010年12月 4日 (土)

ガーデンガーデン寄せ植え教室

Th_img_4021

妻が休日を利用して行ってきました。
けっこうな会費だから、きっと高価な花があるんだよ!なんて期待を持って^^。
期待に違わず、かわいい木製プランターにぎっしり植え込まれてました。
「クリスマスローズも入ってるよ!」とはしゃぐ妻。
クリスマスローズだなんて痛いとこを突くな、ガーデンガーデン。
これでダリアまで植え込まれてたら陥落だよ、おれ。

Th_img_4022

教室が終わってから、ビンゴゲームがあったんだって。
「一等賞が当たっちゃった!」と仕事中の自分のところにメールが来ましたよ。
よほどうれしかったんでしょうねぇ。
「これで一生分の運を使い果たしたんじゃないか」
あながち外れてない。2週間後職場の忘年会でのビンゴゲームは惨憺たる結果だったらしい(笑)←それはさておき、一等賞の賞品がこちら
やるな!ガーデンガーデン!
なんと4本立ちのシンビジウム、しかもちゃんと品種名付き!
元を取ったどころか、もうけちゃったよ!
グリーン系のシンビジウムはあまり贈答用には使われないけど、自宅で鑑賞する分にはこちらの方がさわやかな印象があります。
全部花が咲き終わるのに2ヶ月はかかります!
ありがとうガーデンガーデン! 

2010年12月 3日 (金)

ひさしぶりだな、ルフィ。

久しぶりにワンピースを見たよ。
でも全然話なんかわからん。
どうだけ見てないんだろう。
金曜16時(名古屋ローカル)に移動してから、まったく見なくなったもんなあ。
実家には1〜30巻があるほどなのになあ。

「いま命をかけて戦わなければ、あとから死にたくなるッ!」
熱いね、ルフィ。
エースを助け出すために瀕死の状態から再び立ち上がった時に吐いたセリフ。
しょせんアニメだとバカにしてはいけない。
仲間は命がけでも助けなければいけないという気持ちはだれからでもなく、ルフィから教わったのかもしれん。

らーめん龍馬@東田

青陵街道の途中にあるらーめん龍馬。
龍馬ラーメンと龍馬丼のセットを食ってきました。
ラーメンは魚系のスープ。
ダシはいいけど、塩辛いかな。
もう少し薄味の方が好き。
でも好きなタイプのラーメンです。
ぼくはこういうラーメンを「高級寿がきや」と呼んでますが、価格的には寿がきやとかわりないのよね。
龍馬ラーメン、300円だもの。

居酒屋メニューもあるし、代行も準備してる。
居酒屋としても使えそう。
井原の我が家からは、歩きか、電車か。 

2010年12月 1日 (水)

日曜日、多忙極まれり。

さぼってました。
遊びと仕事の間の遊びがなくて、いっぱいいっぱいであそびまくってます。
日曜は富士スピードウエイへ行って、昼過ぎには豊橋に戻り、さらに夕方から近所の酒屋の試飲会、夜はおでんしゃ。
11時過ぎまで二次会続く...
店内で寝てましたよ、ええ。
わざわざ来てくれた人たち、ごめんなさい。
でも幸せに包まれた気がしてました。
四つ葉のクローバーがいっぱいだよw
帰宅して風呂も入らず寝てしまいましたが、翌日は元気に仕事に行きました。

けと近頃疲れが取れません。
ホント若くないなぁ。 

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »