最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« omega | トップページ | EVANGELION VS LAWSON »

2010年4月25日 (日)

掛川花鳥園と天王川公園の藤

1470880580_179

1470880580_80_2



金曜日夜から実家に帰ってました。
かなり前から東海道を歩く予定していたんですが、どうにも抜きがたい予定があとから入ってしまって、やむなくあきらめて在所に行くことにしました。
いや、帰ったと言うよりも掛川花鳥園へ行くためというべきでしょう。
かなり前からおふくろの希望でした。
金曜夜に実家入り、翌土曜日朝から掛川へ向かうという、豊橋在住者にとってはなんだかなードライブでした^^;
せっかく豊橋を通るので、49市(シクノイチ)へと立ち寄ったので、掛川着は昼前。
割安感の高い施設内のレストランでバイキングのひるめし。

1470880580_44_3

園内ではカモや鶴に餌をやったりして、行きたがってたおふくろよりも、妻の方がはしゃいでました。
鳥たちはみな要領よく、エサをもらったらさーーーっと去ってしまいます。
餌を持ってる人のところへはやたらと寄ってきてえらい騒ぎですわ。
えさを常に持ち歩いていた妻はとっても人気者(笑)

ここのメインは温室内に作られた巨大な室内池と、中に放された鳥でしょう。ここでも餌を持ち歩いていた妻は人気者。横にいるのがはずかしいくらいはしゃいでました。
池にはスイレンが大量に植え込まれ、中には卵生メダカとティラピアがいっぱい。
スイレンが満開になったら壮観だろうなあ。
一部にはアリゲーターガーもおりました。
さすがにセパレーターで仕切られた一角にいましたが、あの小魚の量からすれば、別に隔離する必要がないような気も....^^;
「おじいちゃん、ここなにがいるんだろう」と孫に聞かれたおじいちゃん、じっと池の中のティラピアとにらめっこしたあげく、「グッピーだよ、グッピー」と。
せめてコイとかフナと言えませんでしたか、おじいちゃん(爆)
温室内に大量にいるインコが一斉に群れて飛び始めたのにはびっくり。
そしてまるで現地の彼らの姿を見たようで感動もしました。
時折上から何か落ちて来たような気がするのは気のせいだろうか。

実家に戻ったのは7時頃。
飯を食って早々に眠ったヾ(@⌒▽⌒@)ノを尻目に、妻とお袋は12時過ぎまで語り合ったらしい。一体何を話してたんだか。おれの悪口か?(^m^)
実家に帰ってる者もいれば、四国に渡った者もいる。
ふん。

672696_3343522522

今朝は朝早く起きて、天王川の藤の開花具合をチェックしてきました。
藤棚近辺にはあま〜い香りが漂ってはいたけれど、予想通り開花にはかなり早かった。もう来週には連休が始まるというのに、こりゃ咲きそろいそうにはないな。早咲き種でも七分咲きというところで、普通種は花穂はまだ全然伸びてない。GW中前半は厳しいかな。まぁ藤まつり期間中は津島の旧市街地にいればなにかしらイベントをやってるので、それほど藤は必要としないけれどね(笑)
でも岡崎公園にある藤棚と津島の藤棚をいっしょにしてはいけないと思うよ。だって岡崎公園の3倍の面積だもの。
東三河の人は名古屋より西の愛知をよく知らないのさ (^_-)☆

帰りにはまた花を持って帰りました。
こんどは大物、西洋シャクナゲだよ。
花が咲き出したところで、今後しばらくは花が楽しめるけれど、今年は植え替えなきゃいかんという株。
まぁそれも楽しみです。
シャクナゲの達人になれるかヾ(@⌒▽⌒@)ノ
妻は玄関に芽吹いていたシランが欲しいという。
そんなものどうすんだーーーーという声を無視して、2株ほどおやじに掘ってもらってました。
地下からはでっかいバルブがでてきたよ。
楕円20cmの愛らしいプランターに植えようと思ったのに、とてもムリ。
直径40cmのでっかい円形プランターに植えざるを得ませんでした。
こんなもの殖えたらどうしよう...^^;;;;;

« omega | トップページ | EVANGELION VS LAWSON »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/53555764

この記事へのトラックバック一覧です: 掛川花鳥園と天王川公園の藤:

« omega | トップページ | EVANGELION VS LAWSON »