最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

本丸御殿と一商家の価値

昨日、旧東海道を知立から宮、そして次回便利なように、金山の追分まで足を伸ばしてきました。
iPodの万歩計によれば37000歩、約26kmです。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノは一度歩いている場所なので、地図を見ることもなくスタスタ。
知立から名古屋がこんなに近いなんてちょっと驚きですわね。
知立を昼前に出れば、尾張様御城下には夕方には着く。
途中有松の寿限無茶屋で食事を取れたこともうれしかったし、山車会館が再開していたのは新発見。
クリエーターずコラボの隣の空き家に店舗が入っていたのも初めて知って、うれしいやら悔しいやら(笑)

有松は駅から南北に延びる新設道路で二分されてしまった感があります。
その西側部分にある古い商家を保存しようという運動があるらしく、パンフレットが置かれていました。
詳細は↓でも見られます。
http://www.city.nagoya.jp/ku/midori/oshirase/bokin/nagoya00077247.html

寄付の目標額が660万円というのは中途半端なだけに、一体どういう金額なんだろうと考えてみました。つい最近まで改造されながら使われていたようではあるから、建物自体使えないほどのダメージではないと思うけれど、この先も何かの形で使おうとすれば修復は必要。
しかし築100年越えの修復っていうのは、それほど甘くはなく、新築した方が安上がりだという声を実際に聞いたことがあります。なのに660万。

「守ろう有松のまちなみ」という呼びかけ。
「市民と企業の皆様方と市が一体となって」保存すべきだと謳っているけども、有松は名古屋市だけの財産ではないぞ。
名古屋市の財産だと言い切るなら、名古屋市に金を出してもらえばいい。
個人的に大変くだらないと思っている”本丸御殿復興”の中から、1%を割いてもらえば、古民家の一軒くらいなんとでもなる。
そうでないところに問題があるんじゃないか。
50億円も支出して復興する本丸御殿と、660万円で苦しむ築200年の商家。
それほど本丸御殿は偉いのか。大切か。

おそらく660万円というのは、署名のようなもので「どれだけの人がこの建物の保存を望んでいるか」の証明のようなものだと考える。募金という「自己犠牲」に建物の価値を反映させたいのだろうと思う。その証明が成ったとき、市は重い腰を上げるんじゃないだろうか。

なんとなれば、「日本人の遺産を守る」ためには寄付せずばなるまい。
東海道歩きの楽しさを次の世代にも伝えるためにも。
本丸御殿というシンボルチックなものを作って満足するような、低レベルの文化しか知らない輩にも、教えてやらなければならないことはある。
最も有松の町並み保存に関しては、市も結構熱心な印象を受けるんですけどね。きっと担当職員が熱心に上と掛け合った結論なんだろうとなぁと深読みしたりね(笑)
うちもさしあたって貧乏なんで、生活に響かない範囲で募金してみます。
だから二川の時はよろしく頼むよ、有松の衆(爆)

2010年3月25日 (木)

岐阜市の交通行政

新聞によれば連接バスを導入するという。
常設としては日本初らしいけれど、岐阜ってそんな金があるんですか。
金がないから岐阜市内線ですら援助できなかったんじゃないの?
連接バスって鉄道と違うから、大きな内輪差を必要とするはずで、岐阜市街地の狭い道を走らせるのは、どう考えても賢い人のやることとは思えません。

電車を廃止して新しいシステムを入れたいという岐阜市の考えは、路面電車の代わりに基幹バスを取り入れて成功した名古屋を真似たいという考えなのかなあ。
まったく理解不能ですね。
暴動が起きないのが不思議だ、岐阜市。
豊橋鉄道市内線ユーザーとしては、岐阜市の無能ぶりには感謝しなければならないんですが、鉄道好きとしては絶対に行きたくない町No.1。
一切金を使いたくない町No.1です。

2010年3月24日 (水)

休眠する熱帯スイレン

毎日雨でやんなっちゃうなー。
明日も雨、明日も休みだよ。
防水屋は雨には勝てんなー、ホント。

1444770087_231

1444770087_209

水換えしてみました。
草がヘンな風に生えてきたものだから、その修正も含めてやったんだけど、熱帯スイレンは休眠してるだけでした。
腐ってなくなっちゃったかなーと思ってた。
しかも1つは球根が分かれて全部で4コになってました。
こんなん5コいくらで売ってるようなものだし、90cm程度の水槽の中で何個もあったって邪魔になるだけ。さしてうれしくもないわ。
この球根はなんか気に入らないことがあるとすぐ休眠しやがる。
子どもみたいなヤツ(笑)
これで3度目くらいだよなぁ、確か。
そのままにしておけば、また動き出すんだけどその間水槽の中が殺風景になる。
でも以前より球根が大きくなった気がする。
肥料の効果か、気のせいか。
たぶん後者だな(笑)

Don't Cry!

わたし、大変な勘違いをしていました。
今日到着したチケットをみると「名古屋市公会堂」とある。
あれ、名古屋市公会堂って金山じゃないの?
何かのネーミングライツで、今は別の名前で呼ばれていると。
あらっ、名古屋市公会堂は鶴舞でした。
しかも昭和2年築の古いスクラッチタイルの洋風建築ですわ。
あそこは見学者を認めていないために、これが内部を見学できるチャンスでもあります。
一石二鳥!
金山って名古屋市体育館だったっけ。
用がないんで...^^;

で、そのチケットはASIAの名古屋公演のもの。
先行予約で申し込んで、そろそろ忘れかけてた。
今回は売れてないのか?
ファンクラブ枠とかないのか?
名古屋市公会堂の座席案内のままならば、前から5列目だよ!
しかもほぼ中央だよっ!
ジョンのツバが飛んでくるよ!
カールのスティックが飛んでくるかも!
スティーブおじさんが貧血で倒れ込んで来るかも!
まぢですか!
信じられない!
ジョンに「ふぁっとぉーーーー!」って叫んでもいいですかッ(爆)
Heat of the moment歌ってるときに目があったら失神しちゃうぞ!

2007年の記録↓
http://suki.tea-nifty.com/tobe/2007/03/asia_in_nagoya.html
http://suki.tea-nifty.com/tobe/2007/03/cool_down_asia_4656.html

今回は妻とふたり。
しかも仕事を休んで出撃します。
あー、今夜は眠れない!
郵便屋さん、ありがとう!

2010年3月23日 (火)

岡本敦郎

白い花が咲いてたあ♪と歌ってましたね、夕べ。
85歳とはとても思えない声。
日頃からレッスンしていますとは言っていたけれど、寝たきりになってしまう人も多い中元気元気。
一語を一語をかみしめるように歌っていたその姿は、自分の人生を振り返りながら人に聞かせているように感じました。
そんな姿に感銘を受けたのか司会の伊東四朗は声を詰まらせた。
いつまでも元気で歌い続けてください。

しかし司会のなんたらユウマはひどかった。
人が歌っているにも関わらずあちこちキョロキョロしているし、人の話を聞いている様子もない。
伊東四朗と柴田理恵が話していても、自分は他人のような顔をしてなんのリアクションもない。ジャニーズにもあんなひどいヤツがいるとはちょっとした驚きでした。
ああいうヤカラをまちもな番組に出してはいけない。
もう少し司会者を厳選しようね>NHK

2010年3月22日 (月)

東三河の酒

日曜日、名豊ビルで東三河の酒蔵を知る会と称した有料試飲会がありました。
豊橋の伊勢屋酒造、福井酒造、新城の日野屋、田口の関谷醸造です。
いきなりきき酒がデフォルトで、きき酒が済んだ人からつまみをもらうという趣向。4つの酒蔵がそれぞれ3種類飲み比べるってんだから、きき酒だけで酔っぱらいになっちまうよ。

個人的には豊橋の伊勢屋酒造が気に入りました。
甘口と辛口を用意してあって、人気はやはり辛口。
自分はまったりすっきりの甘口純米大吟醸をがぶがぶと飲んでおりました。
蓬莱泉あたりの優等生な酒とは違って、個性があるね。
関谷の酒はうまいけれど、上から下までほぼ同じ商品構成。
冒険することがない。
以前は蓬莱泉が絶対のうまさだと思っていたけれど、全然そんなことはなかったな。
空なんて”お子ちゃま”って気がしたな
うまいんだけど、ぴりっとしない何かひとつ物足りない。
豊橋の人と直接付き合うことが多くなり、東三河のいくつかある酒蔵の酒も口にするようになって、いよいよ関谷酒造の優位性が揺らいできました(笑

一月ほどまえ東栄町の蜂龍盃っていう酒をもらいました。
生酒で発酵中だという。
栓はしてあるけど、発酵するための酸素を取り入れるために穴があいてる。
栓の意味なし(笑)
これがとにかくうまい。
すっきりした甘さと心地よい香り。
とても値段からは想像できないほどうまかったんだけど、いかんせん発酵中なので、毎日味が変わる。
4日もたつと酸味が増してしまって、もとのフレッシュさも影を潜めてしまう。
その変化が楽しかったりもするけれど、やはりうまいうちに飲みたいもの。
ちょっと癖があるけど、うまいっていうのがいい。
その癖が個人の嗜好に合うともっといい。
「また買ってきてあげるね!」って言ってたからきっとまた飲める。
大型冷蔵庫買わないいかんなー。

閑話休題。

1443434815_178

伊勢屋酒造は社長さんがお客の応対をしてました。
「今はみんな辛口だからねー」とか話してましたけど、酒はやっぱり甘口でしょうな。なんでか、昔から辛口の酒ってあんまり好きじゃない。
人なつっこい笑顔を真っ赤に染めてました。
有料試飲会といえば、ガラス製のおちょこがついてきます。
これ、うちにたくさんあるんだよねぇ。
切り子のおちょこ持ってるからそんなんいらんのだよ。
けど「お持ち帰りください」っていうものだから、記念に伊勢屋の社長さんに「伊勢屋」って書いてもらったよ。
「そんなものいらんからそこらに置いとけ」っていうのに持ち帰るんだという妻。
「じゃあ伊勢屋の社長さんにサインもらっておいで」と言ったら喜びいさんでお願いに走る女ひとり。
まぁいい、伊勢屋の酒と出会った記念になるな。

その後ここにこの裏にあるビアホールでビールを飲んで、ラーメン食って帰りました。
あぁ、よう飲んだわ。

2010年3月15日 (月)

オリンピックとパラリンピック

同じスポーツの国際大会なのに、この取り扱いの違いよ。
新聞ですら小さく隅っこに取り上げているだけ。
よーくわかるよね、この国のスポーツファンの本質っていうものがさ。
もううんざりなんだよね、そういう自称スポーツファン。
日の丸を背負ってるとか、くだらないこというのやめてよ。
遙か三千里の彼方の国まで行って「ニッポンチャチャチャ」って、はずかしくないかよ。
パラリンピックだって、オリンピック同様にみな一生懸命やってるんだよ。
同じように取り上げろよ。
結局ただのお祭りなんだよ。
別にフィギュアじゃなくたっていいの、彼らにはね。
「日本代表です!」って会場で主張さえすれば、「ニッポンチャチャチャ!」
って応援してくれるんだからさ。
スポーツが好きっていうなよ、そういう人たちはさ。
オリンピックが好きって正直にいえよ。
あぁタダのお祭り好きなんだなって認められるから。
なんとも内容のないまつりだけれどもね。

2010年3月14日 (日)

春実感

今朝は寝坊。
「日曜日、出てくれる?」って部長に言われたけれど、男らしくスッパリハッキリクッキリ「ムリです」とお断りしました。
休日出勤を前日の朝に言われて受け入れられるほど、アタクシ暇じゃないんです。

そういいながら朝起きたのは9時でした。
2時間ほどもiMacの相手をして、あとは春への衣替え。
ベランダを掃除して、今まで部屋で保護していた植物たちを、外に出しました。
半年ぶりに直接太陽の光を浴びて輝いてました。
熱帯性の気温を必要する種類や、開花を待っているものは引き続き室内にあります。
ベランダのカメたちのおうちも大掃除です。
これもほぼ半年ぶりか。
こんなきったねぇ水でよく死なないもんだと感心するほどのグリーンウォーターでしたが、むしろあの植物性プランクトンを食いながら寒い冬を越して来たのかも知れないと、感慨にふけるのでした。

午後から駅前丸栄で買いものをして、帰宅後はボーズのいない間に居酒屋へ飲みに行ってました。
ふふ、時間の使い方が絶妙だな。

我が家は今日から春です。
義父が玄関のしゃくなげ吉野に気づいてくれたのがうれしかったです。

豊橋名代 絹与のようかん

今日は旧吉田宿の問屋場の向かいで仕事をしてました。
豊橋は地方都市とはいえ、市街地中心部に近いそのあたりは大半が3〜4階建てのビルになってます。
でも区画は昔のママのうなぎの寝床。
昔のように裏通りまで敷地が通っている家は多くない。
江戸時代からやっている絹与は数少ない敷地が通っている家。
せっかくだから絹与のようかんをみやげに買ってきたのに、切り分けることもなくさっさと寝てしまった妻。

電気の消えた台所でようかんを切った。
はぁ〜、うまい。
ようかんの味がする。
ようかんの味って小豆の味なのかな。昔はみんなこんな味がしてたのに、いつの間にかただの黒いカタマリに成り下がっていたような気がする。
そんなまずい似非ようかんなんか食べたくないから、長いことようかんなんて買わなかったし、食べなかった。
でも久しぶりにようかん食った。
昔ながらの味を守っているのが、この店の良さなのかもなぁなんてがらにもなく思った。
うれしい。
いつまでも「昔ながら」だから店も大きくならなかったのかもしれないね。
でもいい、ひさしぶりにうまいようかん食ったよ。
もう一切れ食ったら、この店が商売を始めた頃の風景を妄想しつつ寝るとしよう。

らくがん、売り切れだった。
残念!

2010年3月12日 (金)

ブラタモリ

テレビ愛知の、空から日本を見てみよう〜和風総本家〜NHKのブラタモリ。
とってもいい流れで、NHKと民放が手を組んだのか?なんて話してたら、突如終わってしまったブラタモリ。
ブラタモリが最も内容が濃く、最後に構えていたからこそこのゴールデンラインナップが成立するので、これがないと、民放の2番組はまるでハシゴを外されたような空虚な番組になりそうな気がする。

「空から〜」は、単なる空撮。
ただ目に付いたものを紹介しているだけさっばり内容がないよう。
小さな細かい字で会社名やら施設が出てくるけれども、そんな小さな字が読めるか!と一家そろって怒ってます。
まあいい、しょせん東京ローカルだから、他の地方の人間のことなんて考えてないだろうから。
和風総本家はちょっといい感じ。
クイズ形式であるけれども、とっても簡単なクイズで争おうという姿勢がない。それをネタにして軽妙にトークを引き出そうとしているだけなのだから。
司会のアナウンサーにもこちらがだんだんと慣れてきた。

でもブラタモリなんだよなぁ。
この手の番組を作れるのはやはりNHKか、と思っていただけに打ち切りにはがっかりした。
内容は東京ローカルには違いないんだけど、東京はただサンプルとして取り上げられているだけで、地方でも利用することができる知識や楽しみ方なんだよね。
タモリの感じ方や町並みの見方などにいちいち共感できて、とても楽しい番組だったのにな。
こういう番組は受けないのかね。
タモリとアシスタントのアナウンサー以外大学の先生ばかりっていうのがよくないのかな(笑)
タモリの最後の締めの言葉がなぜだかとても悲しく聞こえた。

またテレビを見る意欲をなくしたな...トホホホ...

2010年3月 7日 (日)

市町村補完計画 名古屋開府400年

土曜日、思い立って実家へ行ってきました。
土曜の夜に行って、晩飯を食って次の日に帰るっていうだけのことなんですけど、けっこうハードなんですね。
「なんも買ってこんでもいいで」という両親の言葉のあとには、「顔だけ見られれば」と言葉が省略されている。
だから行けばいい。
自分にしかできないこと。

いつも感謝するのは妻のこと。
ゆうべは早々にダウンしてしまった息子に代わって、深夜までおふくろと話し込んでいたらしい。
年寄りのふたり暮らしは平安ではあるけれど変化もなく退屈であろうことは察しがつきます。
ぼくにはぼくしか話せない話のネタというものがあるけれど、女には女同士の話題というものがあるらしい。
そんなおふくろの話したいという”欲求”をいつも満たしてくれる妻に心から感謝しなければなるまい。
帰る時にはいつも「ありがとね」と言うけれど、それだけでは収まりきらない感謝の気持ちが心の中一杯に詰まってる。
けど「ありがとう」という言葉しかない。
日本の語彙の少なさをうらみたくなる。

帰りに名古屋市博物館の特別展「開府400年」を見てきた。
けれど、近頃「名古屋」という大きな括りに納得できない自分がいる。
江戸時代からこちら少しずつ膨張してきた「名古屋」という地名。
でもその中には小さな個体がひしめきあってる。
なかには住む人が「名古屋」という化け物に食われることを拒否している地域もある。
碇シンジくんだな(笑)

そのちいさな集合体が名古屋という名前で代表されるとすれば、さらに大きな括りである日本という単位となんら変わらない。
名古屋市民とて、名古屋市内のことを把握できているわけではない。
少なくとも200万都市なんていうでっかいものを人間の頭のなかで把握できるはずがない。
人間が暮らしやすくするために自治体の区割りがどうでも問題はないんだけど、こと文化面でいうと「名古屋」という言葉ですべてを表現してしまおうという乱暴さはどうにもに納得がいかないんですよ。
開府400年というタイトルにしても、結局はお題目のみで、江戸時代については城下についてのみ。その後の時代についても拡張するにつれその表現範囲が広まっていくだけ。
現名古屋市であっても、江戸時代に名古屋でなかったものは全然扱われていない。行政上の利便さから名古屋城下に加えられた町なんていうのも、加えられてからの話。
結局は「城下町名古屋」なんでしょう。
開府400年というタイトルは非常な誤解を生んでいる。
資料もどこかで見たようなものが多かったし、江戸以降の地図なんてものは、愛知県公文書館や愛知県図書館、中央図書館等に行けば気軽に見ることができる。
けど、そこにあるのは「名古屋じゃない名古屋」なのね。
名古屋ってでかすぎるよ。
手が届かない。

昨今三遠南信地域で、地産地消の範囲を広げようという愚かしい企画が進んでる。地産地消をはき違えてるね。
地域性っていう、文化をひとつにしようっていう運動であってはならない。
互いの文化は認め合って、独自の文化を守って行かなきゃならない性質のもの。なのに人のものまで互いに自分たちのものにしようっていうのは、どう考えても地産地消の趣旨に反すると思うんですけどね。
三遠南信を経済的に結びつけようっていうこともあるんでしょうが、これには納得できませんね。
三遠南信といえば、信州牛すら含まれるというじゃないですか。
あれが豊橋の「地産地消」とはとても考えられない。

2010年3月 5日 (金)

春の高師緑地

1429374421_51_3

1429374421_90_2

暖かいを通り越して暑いです。
豊橋20℃。

「応援が行くから」と言われ朝からひとりでシングル撤去をしてますが、応援部隊未だ来ず。
気が滅入ってきた。
そもそもこんな足場で作業できんつーの。
撤去した廃材は下に投げろっていうんかいな。

2010年3月 4日 (木)

ドライブに行ってきた

公休の妻と突然休のふたり、浜松までドライブに行ってきました。
目的地は浜松フルーツパークの北にある蘭屋さん。
約一時間、久しぶりにのんびりとクルマを走らせた気がします。
店はフウラン(富貴蘭)が主体でしたが、栽培場の隅々まで5つほどの株を買ってきました。

店は浜松市宮口からクルマで15分ほど。
早く着きすぎてしまい、宮口まで降りていって昼飯としました。
身麻呂っていうソバやさん。
妻は月見そば、おっさんは鴨南そば。
ソバのうまさはあまりわからない人間だけれど、うまかった!
値段が少々高いのが玉に瑕かな。

宮口といえば名古屋の山車が嫁いでますが、それらのことも含めて店内に展示してありました。
宮口はまちづくりに力をいれているらしい。
かつは秋葉街道の人通りで栄えた町みたい。でもクルマに乗っていては、大した感慨はわかないな。
そば屋を出て目と鼻の先にある花の舞酒造へ行く。
酒を何本か買い込む。
にごり生に純米。
うふふヾ(@⌒▽⌒@)ノ

まちおこしの一環で、地元の人が小さな”田舎の洋菓子屋”をやっている知り、そこも訪ねてきましたよ。
サクサクのシナモンクッキーはうまい!
クッキーってこんなにサクサクしてるもんなのか!と言ったらなんだか妻はあきれ顔風^^;.
シュークリームはまだこれから食うだよ!
で、そのあとに花を見に行ったわけです。
日曜日に行く予定だったので、これで日曜が空いた。
うちでゆっくり過ごそうと心に誓う。

帰りは買いものに付き合わされてヘロヘロ。
今日は早く寝たい。
楽しかったけれど疲れた〜。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »