最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« とうふや豆蔵 | トップページ | 花粉症かも知れない »

2010年2月22日 (月)

CR-Z(猛毒注意)

ハイブリのスポーツカーなのか。
1.5Lのハイブリとは、むしろその世界でトヨタより前に出ようという政治的香りがプンプンしますね。それでもスポーツーカーというテーマを掲げたのは、ハイブリッドカーへの新しいアプローチでもあるし、トヨタへの挑戦でもあるかもしれない。

とにかくCR-Zのサイトを見てみたわけよ。
「かっこ悪くなったらやめるからね」だってさ(笑)
じゃあCR-Zがお手元に届くまでの期間、この人は一体何に乗ってるのか気になるところ。
ハイブリッド車は非常にかっこ悪いとメーカー自身も思ってたんだね、やっぱり。
インサイトにしろ歴代プリウスにしろ、あの激悪なデザインは未来性を感じこそすれ、まったくひどいもんだ。
まだハイエースバンの方がマシだよ、アータ。

それにいろんな要素を詰め込みすぎなんだよ。
スモールの本場、アジア市場、燃費に快適性。
それってスポーツカーに求められるものじゃないだろ。
かつてスポーツカーを駆る者は「パワステなどいらない」と言った。
「マニュアルに決まってんだろ」、うむ当然。
スポーツカーに大切なことは走ることが楽しいことしかない。
楽しいクルマってのは、制限速度で走っても楽しいのさ。
少々手を入れてもなじんでくれる素性の良さとかね。
エンジン音が聞こえなければいいなんていう三河会社の発想なんて一切不要、むしろそれに相対するところにスポーツカーは存在する。

わかってないんだろ、ホンダは。
スモールの本場っていう形容で、現在のでっかいの車体を持った自称スポーツーカーを追認し、アジア市場というキーワードで「世界戦略車」だということを自ら言ってる。燃費なんて気にしてたらスポーツカーなんて乗らない方がいいんだよ。
きれいごとはいいからピュアスポーツを作ってみろって。
日本人のための日本人のスポーツカーをさ。
欧州人のライフスタイルや生活環境に合わせたスポーツカーなんぞ自国民に押しつけるなよ。

でもちょっと期待してる。
今までのひどいハイブリッドが垢抜けすることを。

« とうふや豆蔵 | トップページ | 花粉症かも知れない »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/53555462

この記事へのトラックバック一覧です: CR-Z(猛毒注意):

« とうふや豆蔵 | トップページ | 花粉症かも知れない »