最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 箱根越え | トップページ | 幸せとは »

2009年12月 7日 (月)

箱根越え

1357633706_53_8 1357633706_251_12 1357633706_196_4

ついに箱根を越えました、自らの足で。
さすが天下の険と言われるだけのことはあって、かなりの難所でありました。
「西からの箱根は大変ですよ」という複数の声にびびりまくって、新しい靴を買ったりわらじの購入をまじめに考えたりしてましたが、そういう類のおそれではないことを今では知っています^^
今まで歩いた旧街道のうちでも難所と呼ばれる場所は何カ所かあります。
けれど群を抜いてキツイのは箱根。
勾配そのものは、他の難所にもありますが、箱根は長いんです。
いつまでも続く坂と石畳、そのふたつがとてもつらい。
石畳も草鞋で滑らないようにするための工夫であって、靴の人が歩くための物ではないんです。靴の人なら石畳よりも関東ローム層のドロドロ道路の方がよほどマシかも知れない。
箱根が天下の険と言われるゆえんはそこにあると感じました。
そして西坂の途中からは駿河湾が見える!

途中多くの人とすれ違いました。 うちのマンションの前の道路よりも人通りは多いくらい。 ヘンな時間帯にやってくる人たちは箱根湯本に泊まって歩くそうな。

箱根松並木で先の日記をあげた直後にカメラのストラップが切れました。
「ぶちっ」って見事な音がしました。
幸いストラップをつかんでいたので落としはしませんでしたが、とってもイヤな予感がしました。無事に帰れないんじゃないかと。
でもそれは単なる杞憂でした。
東坂を下っているとき、一度だけ石畳に滑って尻餅をつきました。
その時、方にかけていたカメラも当然落とした!というところだったのに、ストラップが短くなっていたので、フードがかろうじて地面にあたっただけ。
よかったよかったヾ(@⌒▽⌒@)ノ

これで長い静岡を出た!
宮宿から小田原宿まで歩いたことになります。
約280km! よく歩いたもんだわ!

« 箱根越え | トップページ | 幸せとは »

東海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/53549024

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根越え:

« 箱根越え | トップページ | 幸せとは »