最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« わざわざ名古屋まで映画を見に | トップページ | 年の順に逝くこと »

2009年11月 6日 (金)

巨人 vs 日本ハム

ふむぅ、懐かしいなぁ。
以前は巨人ファンだったヾ(@⌒▽⌒@)ノだけれど、金集め云々という話でいつも展開するプロ野球、そういう輩があまりにうっとうしくて離脱したんですけど、基本的に野球は嫌いでない。取り巻きが嫌いなだけ。
プロ野球は商売だから、金使おうが何しようが法に触れなければいいんだよーという正論がまったく通らない世界。
そういう人たちにはぜひF1を見て欲しい物です。
アホらしい言い合いも、世界的レベルで見ればただの甘えでしかないって気づくでしょう。
まあそんなことはどうでもいい。
プロ野球ファンの付き合いなんぞ絶対したくない(笑)

昨日外食先で日本シリーズを見てました。
上述のような理由から、ただの野球好きとして見てたけれど、見応えあったねー。
どっちが勝とうが負けようがどうでもいい立場で見ると、あの緊張感が苦しくも心地よい。
押し気味の巨人に対して、堤防かダムのようにマウンドに立つ日ハムのピッチャー。
あぁ、かっこいいと思ったな。
結果として負けてもそんなことはどうでもいいように思った。
瞬間瞬間がかっこいいんだよなー。
むろん大道とかいうロートル選手の活躍にも感動したな。
気迫の一打って感じたもの。
けれどあの”ロートル選手”ですらおれより年下。
大半の選手は息子の世代だな(苦笑

巨人vs日本ハムといえば、昭和56年・後楽園での日本シリーズ第二戦を思い出す。
好投・間柴に押さえ込まれたままの巨人打線。
3番中畑が外野の頭を越える2ベースで無出塁したあとに、4番ホワイトがホームラン。好投間柴を見殺しにしたという試合。
1点を争う好試合でしたな。
ボーズにそれを話したら、「そんな古いこと、よく覚えとるねー」と。
ふふっ
そんなことはまだ最近の話サ。

« わざわざ名古屋まで映画を見に | トップページ | 年の順に逝くこと »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/47889777

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人 vs 日本ハム:

« わざわざ名古屋まで映画を見に | トップページ | 年の順に逝くこと »