最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 帰省 | トップページ | 松方家康 »

2009年8月14日 (金)

津島の世間遺産写真展

まつりの館津島屋で見てきました。
まだ緒についたばかりの運動がどういう状況なのか興味津々。

まず地域運動の拠点ができたことがなによりめでたいことでした。津島好きな人が和気あいあいと集まり、訪れた人との橋渡しになれる場所。つまりは地に足がついたとでもいうか。
あとは住民や同志がやるってことですね。

写真展そのものはまだまだだなあと感じました。被写体は歴史や民俗を代表するものではあるけれど、その中に津島の個性が感じられなかった。どこかで見たものが津島にだってあるよ!というレベルで、点でしか捉えられてない。とりあえず紹介するっていう次元で、これからの継続的発展が大切です。
なにもなかったところからやっと一歩抜け出したのだから、しっかりやってもらわないとね!

« 帰省 | トップページ | 松方家康 »

津島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/46611344

この記事へのトラックバック一覧です: 津島の世間遺産写真展:

« 帰省 | トップページ | 松方家康 »