最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 豊橋の朝市・三八の市 | トップページ | 吉原宿の夜 »

2009年7月 7日 (火)

東海道は続くよ

日曜、吉原から新蒲原駅へと戻ってみました。
吉原で創業320年の鯛屋旅館へ泊まりたかったし、妻が「20kmはつらい」などというもので、舞阪から続いてきた東行きを今回は西行きへ。
今回もいろんな出会いがありました。
鯛屋旅館の大将、岩淵の小休本陣常磐邸と富士川民俗資料館、中郷のツル屋菓子店のおじさん、蒲原の木屋江戸資料館とここのおぱちゃんとか。
みんなそれぞれができることをがんばってました。
空回りすることもあるけれど、好きでやってることだからそれほど気にならないみたい。

木屋での説明は、大変に熱かった。
伝えられてきた物を伝えるのが私たちの為すべきことだと。
吉原にも岩淵にも中郷にも蒲原にもそういう人はいました。
自分でできることを探すってのは大切なことなんだろうなあ。
でも見つけなきゃ。それがあたしの生きる意味〜♪

今回は距離が短かったのであわてずに済み、ゆっくりと町々を楽しめました。
吉原の宿札はゆっくり眺められたよ。
岩淵でも数少ない本陣を見られたし、この地方の古い農家も富士川民俗資料館で見た。
蒲原でも2個所の施設でもいろんな話を聞けたし。
心の余裕を持つためにはやはり短距離にすべきなのかなあと妻と話しながら帰ってきました。
内容が大変充実して、久しぶりにあまり疲れない楽しい旅でした。

« 豊橋の朝市・三八の市 | トップページ | 吉原宿の夜 »

東海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/45777915

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道は続くよ:

« 豊橋の朝市・三八の市 | トップページ | 吉原宿の夜 »