最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 咲けよ、スイレン! | トップページ | My my-road ST190 »

2009年6月15日 (月)

ひとすじの糸

遠方から来て、新しい配偶者と二川に住む。
未知の土地で知り合いもなく生きてゆくことはすさまじく厳しい。
けれど彼女は一人ではなかったからがんばれたんだろう。
上州からやってきて三河・二川で製糸業を興し広めた小渕志ちの人生が芝居になった。
何かの引き合わせとしか考えられない。
この芝居の存在を知ったのは、公演のわずか4日前。
地方新聞の地方版を見ていたときのことだった。
二川に暮らそうと思うほどの者は、彼女の名前と事績くらい知っていなければならない。

ドラマは小渕志ちの偉大さをかすかに表現しながら、徳治郎とのラブストーリーに仕上がっていた。ラブストーリー仕立てなのが、ヾ(@⌒▽⌒@)ノの心にしみた。
徳治郎を失っても彼との約束を果たす彼女の姿が健気でもあり、かわいらしくも見える。新しい技術開発に没頭する彼女の中には、きっと徳治郎が生きていたのだろう。
娘とのエピソード等、その都度目に手をやらなければならないシーンも多々あったけれど、いいものを見たなぁという感じ。おしむらくは、公演の地が二川でなく名古屋だということ。
この芝居、今回の5回公演のみの予定だという。
芝居を勉強中の人や、本職を持つ人などいろんな人が集まって作ったとか。
でも、まだまだ練りこめる部分があると思った。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノとしては、なんとかこれを二川の人に見てほしい。
今では豊橋市の一部となってしまったけれど、本来はひとつの地域として経済的にも文化的にも独り立ちしていた地域だということを知って欲しい。
その際には二川の人たちが小渕志ちをもっと身近に感じてもらうために、固有名詞なども使ったらもっと楽しめるしめるよね。
役者さんたちだって、きっともっとうまくなっていって、ライフワークみたいになったら見ている方もうれしい。
これで終わりだなんて言わないで、もっとやって欲しいな。
ぜひとも二川でお願いします。

« 咲けよ、スイレン! | トップページ | My my-road ST190 »

二川」カテゴリの記事

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/45776868

この記事へのトラックバック一覧です: ひとすじの糸:

« 咲けよ、スイレン! | トップページ | My my-road ST190 »