最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東海道、西へ 〜赤坂→岡崎〜 (2) | トップページ | 豊橋のうずら »

2009年3月14日 (土)

ブルートレインの謎

富士もはやぶさもなくなってしまいました。
まぁ交通行政がなきに等しいこの国では、当然の帰着でしょう。
東京ー大分なんて飛行機で行けや!ってことですね。
「平均乗車率は20%そこそこ」とJRは言うけれど、飛行機全盛のこのご時世に、20%の乗車率を維持していたということの方がむしろ驚きだと思うのですが。25型の、まるで普通の座席に寝ているようなあの”寝台”で6000円も取ろうという神経もすさまじいものがあります。
いずれにしろ国鉄時代より大幅に公益性を切り捨てたJRですから、だれも何も言えますまい。会社の温存こそがすべて。お金一番、新幹線二番、あとはすべて荷物だと思っている某JR会社なんぞその際たる者。早いとこ中央新幹線でこけて倒産し、西にでも吸収されて欲しいですね。
国鉄時代を知らないようなガキが駅員になって、新幹線の終電間際にもかかわらず、遙か年輩の者に向かって「ちゃんと入り口から入ってください」といえる勇気。
おまえはお子ちゃまだから知らんだろうがな、国鉄っていうのは元々国有財産、つまり国民の物だったんだよ。それを政治家が勝手に取り上げて民間会社に仕立て上げたんだよ。本来なら国民はすべて株主にならなければならんのにだよ。浅はかな日本人には国鉄の分割・民営化は正義だと捉えられたこともおまいは知らんだろうがな。
ま、そんな会社に用はないってこった。
そんな話はどうでもいい^^;;;

新聞の見出しや、テレビニュースではみな一様に「さよならブルートレイン」て書いているんだけれども、記事をよく読めば「東京口のブルートレインがなくなる」とある。いったいどっちがホントウなんですかい?
ヾ(@⌒▽⌒@)ノが知る限り、いわゆるブルートレイン 〜24系か14系など青い寝台車両で編成された寝台特急〜 は今回の改正前に大阪ー青森の日本海、上野ー青森のあけぼの、上野ー金沢の北陸と上野ー札幌の北斗星があるんだけど、それらはなくなるか、新車両に振り替えられたりするのでしょうか。
メディアのいい加減な報道で混乱してしまっています。
それと、快速ながらが定期から臨時に格下げになるらしいですが、多客期には運転されると聞いて、臨時列車になるのか、季節列車になるのかも疑問です。

« 東海道、西へ 〜赤坂→岡崎〜 (2) | トップページ | 豊橋のうずら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/44609741

この記事へのトラックバック一覧です: ブルートレインの謎:

« 東海道、西へ 〜赤坂→岡崎〜 (2) | トップページ | 豊橋のうずら »