最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 初詣 2008 | トップページ | 正月日記 »

2009年1月 5日 (月)

天地人

オープニングのコンピュータグラフィックがなくなったこと。
元禄繚乱頃から始まったあの絵、嫌いだったよ。
実写によるイメージフィルムの方がずっといいのに。 けれど今回のオープニングフィルムすべて実写ではないんでしょう、おそらく。
兵が蟻のようにうごめく描写は、角川版「天と地と」とダブるよ。 さして大したことはあるまい(笑)
いいのは音楽だな。
さすがミチルちゃん、勇壮な曲を書かせたら右に出る者はいないなぁ、 ホント。
いつの間にかサントラの第一人者ですな。

注視してたのは景勝だけれど、意外に北村一輝はまり役かもしれない。 上杉景勝、残されている像を見るとでっぷりした感じの印象だけど、若い頃からそうだったわけではあるまい。かといって戦陣の先頭に立つタイプの武将という印象もない。当時からすでに「大名という名の貴族」っていうところがあるけど、北村くんはそれを表現しながらも、戦国武将である精悍さのようなものを秘めているイメージ。直江とは友情でつながれているっていう風なところもちらっと見えていて、演出の妙ということか。ま、これからどうなっていくかわからんけど。
ダメなのが、阿部寛だな。 こりゃ全然ダメだな。 なんじゃありゃ。
ミスキャストだな。 秋山好古のまんまじゃねーえかよう...
「坂の上の雲」と上杉謙信といっしょにするなよぅ...

« 初詣 2008 | トップページ | 正月日記 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/43643626

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人:

« 初詣 2008 | トップページ | 正月日記 »