最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« JUSTICE! | トップページ | 雨の火曜日 »

2008年12月 8日 (月)

奈良まちおこし結び会と今井町

日曜日、奈良へ行ってきましたのことよヾ(@⌒▽⌒@)ノ
奈良と言ってもまたまた大神神社。そこで行われている結び会(むすびえ)という集まり。実は奈良関連コミュで知ったのだけれど、町おこし団体の紹介が主体と聞いて、行かずにはいられなくなったのでした。

でも...どうなのかな。
おまつり騒ぎの色彩が強かったな。
けれどそれは理解のうち、手段のひとつ、戦略(笑
大半の人は町おこしなんぞに興味はない。あったとしても自分がその中に入ろうと思うひとは少ないし、この企画者もそこまでは期待していないだろう。
だから”余興”としての物産市がある。これがうまそうなんだなあ。
シシ汁とかうまそうだったよ。
あれだけの「物産」が集まれば人は集まる。
主催者の真の意図がどこにあるかは関係なく、ああいう空気の中で町おこしをテーマに掲げていることはすごいことだと思ったし、企画力を感じたなぁ。

それでも町おこし団体の紹介自体がしょぼい。
もう少しスペースをとって、メンバーが和気あいあいとした雰囲気を醸し出して、人が話しかけられる空気を作ってほしかったな。各ブース留守番のような人を置いているだけとはいうのは、組織や自分たちの運動自体に対しての気持ちの弱さと解釈されても仕方ないんじゃないかと思うのですが、いかが。
せっかく自分たちの活動を理解してもらう貴重な機会なのに、パネルやパンフレットを置くだけじゃさみしいんじゃない?
もっと踏み込んだコメントが欲しかったし、人の口から話が聞きたかったよ。
そういう世界に入っていきたいと思う人は一番気になることなんだからさぁ。
そんな中、一番注目したのは「困っていること」の欄。
それも予測された範囲のコメントだった。
金、人、駐車場....
もっと具体的な話が聞きたいのになぁ。

ちょびっと落胆しながらも、主催者の気持ちは多少受け取った気がするなぁ。
それでも不満が多く、おまつり気分になれぬまま会場を後にしたのでした。

その後は今井町へゆく。
実は今井町という隠し球があったので、前出のイベントでも気がそぞろだったんですよ^^;
昨年の8月に続いて二度目の訪問。
バッテリーを入れ忘れたカメラは車に置いたまま、3時間ほどくるくると回ってきました。建物の中を見学できたのは音谷邸だけ。二回目^^;
あそこのご主人と話すのは本当に楽しい。
今井町の町並み保存に対する気負いのなさが、言葉のなかから伝わってくる。
けれどその気負いのなさがどういうところから発生しているのかという疑問に対しては明確な答えが返ってこないのですね。
「今井町が好きだから」
それしか感じとれない。
けれど現代の煤にすっかり真っ黒になっているヾ(@⌒▽⌒@)ノにとって、それは明快な答えではない。
明快であるとすれば、町おこしなんてとっても簡単なはずだから。
今井町の秘密をいつか解き明かしてノーベル愛国賞をもらいたいと思うのでした。

« JUSTICE! | トップページ | 雨の火曜日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/43555965

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良まちおこし結び会と今井町:

« JUSTICE! | トップページ | 雨の火曜日 »