最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 富士スピードウエイより | トップページ | ゴジラ vs 車寅次郎 »

2008年11月25日 (火)

TMSF2008

今回は初めて豊橋から出動。
深夜割引を使うために午前3時半に出発して、同50分過ぎに三ヶ日から乗る。
順調に走り、6時過ぎには愛鷹PA。 30分ほど仮眠して、あまりに見苦しく汚れた愛車をふく。 まずはタオルで、その後ふくピカで。 嫁は「すごいきれいになったね!」と言ってくれるけれど、結婚前のあのきれいさからはほど遠い。「化粧上手だね」って言われたように感じてしまう^^;
それでも待ち合わせにはかなり早いので、御殿場で降りてから少し道をそれてみた。 いかにも高原っぽい緩い勾配地の中に入って車を止めてみる。 富士山がとってもきれい。 車とツーショット。嫁と車と富士山でスリーショット。 なんだか意味もなくはしゃぎ回ってる子がいるなヾ(@⌒▽⌒@)ノ あ、嫁かw

FSWに入場して少しヴィッツレースを見た後は、飲み食いばかり。 昼になると食べ物屋に長大な列ができてしまうから大変なんですよ。空腹になるとイライラするし、何もしたくなりますからね。入場したらすぐに昼飯を食うことにしているのです。
今回はスペシャルケバブサンド、牛串、豚汁。なんだか酒の肴ばかりだよ^^;
食事が一通り済んだ後に、イベント広場へ行ってショップを冷やかしました。
本当に毎年冷やかしだけど、今年はスノースクレイパーを10円で買ったり、100円のグッズを買ったり、TMSFショップでもなんやら買いましたよ。
ステージトラックではKohei HirateとKeisuke Kunimotoがいる。 どちらも近所のにいる子供みたい。だけど、Keisuke Kunimotoの名前には聞き覚えがあった。心当たりを調べると、Formula3のマカオGPで、優勝したドライバーじゃないですか。しかも最年少で、日本人ドライバーとしては佐藤琢磨以来二人目の快挙とか。ステージ上では笑顔も作れないほど不慣れな感じでしたが、すごいやつなんだなと今からばしばし写真撮っておきました。笑顔があんまりないのが残念。
そのステージーが終わってじきに、トヨタF1ドライバーのインタビューが始まりましたが、今年はすごい人でステージに近づけない。人の頭越しにステージを見ると、今年のヤルノはあんまり機嫌がよくなさそうな感じ。まぁ去年撮ったから、今年は遠慮して、後方から300mmで撮ってみました。 ティモ・グロックが撮れたから良しとしよう。 なかなかいい男だな。先輩を持ち上げるとこなんぞトヨタ好みなんだろうな。 あんまり注目されていないけれど、GP2チャンプですから。 まぁ今からでも「先物買い」でしょうな(爆)

人混みから早々に退散してピットへ。 どっかのレースクィーンもいたけれど、ヲタクっぽいにいちゃんたちに囲まれていて近づきたくない雰囲気^^;まあ端から見れば自分だって大して違わないんだろうけど、どうもああいう雰囲気は苦手だなぁ。 そういうことで遠巻きにして撮っておく。 トーサツ系のヾ(@⌒▽⌒@)ノだった(爆)
その後ヘアピンやコカコーラコーナーで写真を撮りながらのんびり過ごしてました。 そのうちにティモとヤルノの出陣となる時刻となり、ピットで観戦。
耳をつんざくTF108が2台からみあいながら目の前を通過していきました。 メインスタンド前では一体何km出ているんだろう。あの速度を人間が中に乗り込んで操っていることが信じられないよ。それくらいすごい速度! あの速度で走りながら他の車の隙を常に伺っているなんて本当に神の所行だなと感じてしまうね。 もっとすごいのは、あの速度でタイヤバリアに突っ込んでも乗員は無事だということ。 これこそが最先端技術か。

二次会はあきらめて、裾野インターから乗ってみる。 246号もやはり渋滞していたし、途中で仮眠とりながらも自宅には10時前には無事到着。

« 富士スピードウエイより | トップページ | ゴジラ vs 車寅次郎 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/43218262

この記事へのトラックバック一覧です: TMSF2008:

« 富士スピードウエイより | トップページ | ゴジラ vs 車寅次郎 »