最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 30D→40D→50D | トップページ | シラタマホシクサのある風景 »

2008年9月 7日 (日)

鳶と防水屋

9階建ての9階の屋上、つまり地上10階の位置で、庇のウレタン防水をしてた時、溶接屋さんがじっと横で見てた。
「そんな怖いとこでよよく作業ができますね」と。
まぁ確かに地上30m、庇は1m幅しかないから、普通の人には立てないかもしれないけれど、直接真下が見えるわけでもないし、突風もないから、建物側のパラペットにつかまっていれば、ほとんど怖くない。
そう説明したけれど、「ぼくは絶対にダメだぁ」と言ってました。
そんなことないよ、わたしも強度の高所恐怖症なのだから。

その下の階では鳶さんが足場を解体してた。
やつらは神だ!おそれを知らん!
地上27mに立っている足場の上にすっくとたって仕事をするのだから。
いくらアンカーで固定してあっても、わずかに揺れる。
つかまるところもないその地獄に、鳶さんは立つ。
「そんなとこでよくたてますね!」
こんどはこちらが聞く番^^;
「立ちたくないんですけどね、立たないと仕事にならないから」
いや、そういう問題じゃなくて....(苦笑)
「ぼくは例え仕事でも立てませんよ」
「実はね、足はガクガクなんですよ。ホント、怖いっすよ!」
だげな^^;
でも本当にすごいなぁ、鳶は。
ああいう恐怖心を克服しながら、今日も足場に立つんだな。

« 30D→40D→50D | トップページ | シラタマホシクサのある風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/43312895

この記事へのトラックバック一覧です: 鳶と防水屋:

« 30D→40D→50D | トップページ | シラタマホシクサのある風景 »