最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 豊橋祇園まつり | トップページ | 吉田宿の平田篤胤 »

2008年7月21日 (月)

第二回(プチ)大人の遠足

有松へ行ってきました。
有松絞りの浴衣を見に、以前タッチの差で(嫁が)見られなかった山車会館を見るために。有松は交通至便、名鉄沿線に住む友人も誘ってみたよ。この友人が加われば、自動的に「大人の遠足」になるのだ(笑

絞り。
以前好印象を持った店へ直行。
店舗が近頃登録文化財に指定されたそうで驚いた。
保存のいろんな話を、前に訪問したときいろいろ聞いてたよ。
重文ほどではないけれど、あれほどきちんとした状態で残っているのも珍しいと思う。
けれど、中濱家住宅が今にその姿をとどめているのは、以前のオーナーの意志にもよる。ひとりではなんもできんのだなぁと改めて思う。

小一時間ほど悩みに悩んで、浴衣を発注。
「藤原紀香みたいですよぉ」などとおだてられてしまう嫁ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
でも本当に見事な絞り柄だよ。
浴衣になってやってくるのが楽しみだ〜♪

876188649_199_2 さていよいよ山車会館。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノは二度目。
ここには山車が交代で展示されていて、20日には清安町の唐子車がいた。
唐子が喜ぶ姿が目に浮かぶ^^
今回は客も多くはなく、ゆっくりと見られたよ。
ビデオも見たし、資料本もながめた。
「からくり人形の宝庫」なる本も購入。
珍しく二川八幡の例大祭も山車まつりとして取り上げていてうれしくなったぞ。

はす向かいにある絞り会館も見た。
最近よくテレビにも登場する本間ばあちゃんが絞り実演中。
話し好きのおばあちゃんで、彼女からいろいろと話しかけてくれたよ。
「今日は暑いわなも」なんていう名古屋弁、数十年ぶりに聞いた。
なんだか懐かしいな。

後からやって来た友人と、東海道沿いにあるめし屋で食事。
サイトには数種類の定食しかないのに、実際にはかなり多くのメニューがあって、居酒屋としても機能した(笑)
オクラの天ぷらがうまい!
ただ夕方の早い時間には閉店してしまうので、実際には居酒屋にはならないけれど。

その後「プチ遠足」
いつものように西町山車蔵前のクリエーターズコラボで雑貨を眺めて冷やかす。けっこうにぎわってみたいで、うれしい^^
町にとけ込んでゆく過程がねヾ(@⌒▽⌒@)ノ

有松がうらやましい。
山車まつり、登録文化財、絞り、食事処、若者向けの雑貨屋など、人を集められるものがすでにある。これを宣伝していくことで有松はいよいよ「ちょっといいところ」になっていくのだろう。そして今、環状2号の開通とほぼ同時に有松一里塚を再現するという。
それでも一枚岩ではないようで、「一方通行化反対」などと書かれた看板があった。
電線の地中化、交通規制、まったく夢のようだね。
ぼくの好きなアノ町は3くらいから始めなければいけない。
きっと何もできないんだろうけど、努力だけはしたい。
いつか有松のようになれますように。
「町つくりは一期一会から始まり、人と人との出会いを大切にし、話を広げていきたい」とは有松町つくりの会会長の言葉である。
普段感じているままのことで、自分が持っている町つくりへの考え方が、決して間違っていないことを認識した。

帰りには2201Fが来た。
ポケモン電車だっ!

« 豊橋祇園まつり | トップページ | 吉田宿の平田篤胤 »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/43272288

この記事へのトラックバック一覧です: 第二回(プチ)大人の遠足:

« 豊橋祇園まつり | トップページ | 吉田宿の平田篤胤 »