最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 豊橋−吉田 | トップページ | レンズ沼 »

2008年7月14日 (月)

Change 爆

いやぁ、参った。
イヤらしい政治家になりはてたねぇ、朝倉君。
メディアを巧妙に利用し、涙まで流して支持を訴えたのね。
もう神林先生以上だねぇ。
明日の朝日新聞の社説が楽しみだよ。
きっと諸手を挙げて「朝倉ばんざい!」なんだろうね、小泉くんが総理になったときのようにね。
さぁ、みのもんたはどうコメントするだろう。
「金まみれなんですよ、政治家なんて。朝倉総理だって例外じゃない。国民をなめるんじゃない!」とか言うんでしょうね(爆)

あまちょろちょろのドラマで大笑い。
最後のセリフが(笑)を(爆)に昇華しましたよ。
「ぼくは総理を辞めます。でも議員のみなさんにもやめていただきます」とは。
想像通りというか、主役がキムタクである以上それしか展開はあり得ないわけですが、その言い回しがあまりにせこい。
「自分は責任を取る」と、注目度の高い国会議員だけが、国民に注目されながら電波を私し、自分の意見を述べて支持を得たのちに衆議院解散てあまりに一方的じゃありませんか、朝倉くん。ひどいよ。
それこそ国民不在です。
今までメディアに注目もされず、地道に努力してきた先生たちはどないするですか。
そういうのを「政治家根性」というのだし、「選挙に落ちればただの人」と言われる由縁だと思いませんか。
視聴者は朝倉総理の真実を知っているから、それで良いけれども、実際の政治家はこんなトロイことしていたら、他の議員に自分の主張がつぶされてしまう。

まったく政治ドラマではなかったと、断言して感想を終了します。
長々しい演説も視聴者を疲れさせるだけ。
死刑判決の時のように、主文は最初に言ってくれ。
寝るのが遅くなった(笑)

« 豊橋−吉田 | トップページ | レンズ沼 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/42182488

この記事へのトラックバック一覧です: Change 爆:

« 豊橋−吉田 | トップページ | レンズ沼 »