最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« トマトうまいぞう♪ | トップページ | ビール電車 前夜 »

2008年6月12日 (木)

7日は名古屋市東区の天王まつりへ

朝は尾張西枇杷島まつりへ。
9時半頃着いたら新幹線ガードをはさんで、山車揃えをしてました。
なんか去年と違うぅ...
去年は既に山車が街道を動いていたのに、今年は5年に一度の山車揃えだからか、時間割りが違うみたい。
祭りの進行に合わせてか、露店の準備も甚だ遅く、やっとことで冷たいビールとケバブサンドと串焼きにありつく。その頃になってやっと最初の山車(頼光車)がやってきた。
けれど、これがリミットの限界。
道に落ちていたガムと、たばこのにおいにご立腹の相方を連れて東枇杷島駅から名古屋駅へ、さらに基幹バスで東区の山車揃えが行われている徳川園へ。

着いたのは12:45。筒井町の2台の山車がすでにここを去っているのは知っていたけれど、今日は”力持ち”が見たいので、力持ちの育成に力をい れているという新出来町の山車についていくことにしていました。出来町の3台の山車の中で、新出来の山車のみが江戸時代からのものだということも聞いてい たこともありますけど。

13:00から曳きだし。
3台の山車が出ていくのを見ていたふたり。
「ねえ、古出来町の方がいいよね」
「うん...」
声が出ていない、息が合っていないと見物客に感じさせた山車は、追っかけをふたり失いました。
山車まつりといっても、基本はそれを扱う人なんだよね。
古出来町の元気のいい兄ちゃんたちの方が魅力があったんだよ。
ただし、祭りが進行するうち、次第に意気も声も合っていましたね。

着いていくうちに気がついた。
どこかで見た人がいるよ。
あの顔は20数年前、自転車に乗って衆議院愛知一区を走り回っていた旧社会党の候補者にそっくりだ!いや、間違いない、河村たかし、その人であろう。
バッジによれば、彼は奉賛会の会長らしい。
忙しいなか、まつりに参加したか。
彼はずっと山車について歩いていたよ。
連日の激務に疲れているだろうに、それほどまつりが好きなんかい。
気持ちはわかるよヾ(@⌒▽⌒@)ノ

836572541_39 大松通りで不意にそれは始まった。
斜に止められた山車をひとりで上げる、それが”力持ち”。
上げた楫方はご祝儀をもらえる。
ひとりといっても、補助者はつきます^^
4つある車輪のうち、ひとつを上げればいいらしい。
最初の力持ちは右前の車輪を15cmほどあげた。
「いくぞ、おらっ!」
こういうものは意地の張り合いにきまっている。
段々と自分に課す条件は厳しくなってゆく。
30cm近くあげる者、1分以上あげ続ける者、しまいには山車を揺らして見せる者まで出た!
みな目玉が飛び出しそうなほどに目を見開いて血走らせていた。
その都度拍手を送る観衆。
つーか、知らないうちに周りは半纏を着た人ばかりじゃないか(笑)
感動した!超楽しかった!
おれもやりたかったよ!
「わたしもやりたいっ!」
嫁よ、いくらなんでもそれは無謀だと思う(笑)
山車のすれ違いとか、出合い。
出来町の天王まつりって見所いっぱい!
いよ〜〜っ!

836572541_59 つぎに先日の東照宮ご社参の元気の良さをかって、筒井町へも出向く。
建中寺山門前で山車を待ちながらビールで休憩。
そのうちにやってきた、湯取神子車!
この間の楫方は既に楫棒を持っていなくてがっかりしたけど、かけ声は以前にも増してにぎやかに明るく、大きく、元気いっぱいでした。
筒井町の若い衆はいいなぁ!
マンションの上層の見物客にも大きな声を張り上げていましたよ。
山車2台は通りをふさぐように止めて、夜まつりへの模様替え。
遠くからのお客は帰るしかありませんでした。
朝早かったから疲れたし....
いつかはちょうちんのぶらさがっている山車を見たいなぁ。
あの楫方の元気のいい声を聞きながら、ニコニコしていたいなぁ。

« トマトうまいぞう♪ | トップページ | ビール電車 前夜 »

おまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/41664995

この記事へのトラックバック一覧です: 7日は名古屋市東区の天王まつりへ:

« トマトうまいぞう♪ | トップページ | ビール電車 前夜 »