最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 4月の終わりに | トップページ | ゴールデンウィーク前半 »

2008年5月 1日 (木)

使命感と性分

現場監督っていうのは時に激務です。
事務が深夜におよび事も時にしてあります。
「夕べうちに帰ったのは2時」
監督がぼやく。
「それまでどこにおったん?」
「現場事務所で仕事しとったがあ」
よく深夜の1時過ぎまで仕事しとんな。
翌日は現場作業員よりも早く現場にいる。
睡眠時間は何時間なん?

今の現場は既にかなり遅れ気味。
工事内容から「絶対にもうからん現場」だとささやかれ、既に工期が一月近く遅れている。
作業員の一部はゴールデンウィーク返上で作業するらしい。
ご苦労なこってす。
その間も監督はずっと出てくるらしい。
一体何が楽しくてそんなに仕事をするのだろう。
たとえば家を新築したところで、家にいる時間がなければ、家の意味がないんとちゃうか。
「今の時」を「今の子供」と過ごす時間はいらんのかい。
給料は実働時間に見合った金額で支払われるのだろうけど、とてもとても疑問に感じる建築現場の監督。

求人誌を見てごらんな。
作業員の募集広告と、現場監督の募集広告の数はあんまり変わらない。
監督の仕事はそれだけ激務で、高給を求めてあっちこっち会社を変わるっていうことだろうなあ。

なにしろおれには絶対つとまらん世界。
職人の方が気楽でいいよ。
「5/10、休ませてください」
一言で休んでしまうんだから...
中には黙って休んでしまうやつもいるからねぇ^^

« 4月の終わりに | トップページ | ゴールデンウィーク前半 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/41226660

この記事へのトラックバック一覧です: 使命感と性分:

« 4月の終わりに | トップページ | ゴールデンウィーク前半 »