最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 豊橋の聖ハリストス教会が国指定重文に | トップページ | 使命感と性分 »

2008年4月28日 (月)

4月の終わりに

4月最後の日曜、午前は東海道関連で白須賀から二川宿本陣資料館へ、午後からは地域の集まりに参加してきました。
地域の集まり=酒(笑)なので、その後はパッタリと倒れ込むように、10時過ぎまで寝てしまい、さきほど起きたところ。
未だ会社の連休が確定しないので、ゴールデンウィークと書くのもしらじらしい^^;

東海道関連では、まず白須賀の勝和餅。
そてつの実があんに練り込んであるここでしか買えない餅。
特別うまそうとも思えないけれど、秀吉に関するエピソードがあったり、猿ヶ馬場の柏餅にも関係があるのではないかということで、街道歩き&歴史好きにはそそる菓子なのであります。
勝和餅を作っている店を探すのが大変(笑)
旧白須賀宿の中程にあるけれど、看板があるでなし、店のたたずまいがあるでなし、店の前にクルマがたくさん止まっていなければわからないような店じゃった。
まるで開店休業のようにシャッターをわずかにあけて営業している状態。
なかをのぞくと菓子屋のカウンターみたいになってたのでやっと気付いた次第。
でも閉められているシャッターには、「勝和餅売り切れました」の文字。
ちぇっ!朝早く来たのにぃ。
まぁいい。うちから近いので、今度は予約してから来よう。
しかしさ、せっかくの名物なんだから、この日もたくさんみかけた街道歩きさんにも食べて欲しいなぁ。
その後は二川へ回って中町の中原屋でかしわ餅と麩まんじゅうを買う。
店先で麩まんじゅうをほおばってから本陣資料館へ。
かしわ餅はただのかしわ餅なので、特に感想なし。

Th_img_0076 今回の二川宿資料館の特別展は「レトロ豊橋の風景展」。
明治末期から戦後の写真集や地図などが展示されておりました。これ、本来なら市立博物館的な施設で行われるべきものと思うけれど、豊橋美術博物館は既にその任にあらずといった感じで、二川がすべての行事を担ってるみたい。
美術博物館は、単なる美術館になりつつある.....

Th_img_9272 昭和初期の札木の写真には旧名古屋銀行豊橋支店が写ってた。
「この建物、この間おれが撮ってた銀行」で嫁にもわかったらしい。
モダニズムばりばりの建物だけれど、けっこう古いのだよ。

二川宿本陣資料館では五月人形展も行われているけれど、レトロ豊橋〜をのんびり見ていて時間がなくなった。また再度行かなければいけない。
「年間パスポートはないのか」と嫁の心から正直な言葉が出た...
本陣資料館の方々、検討お願いします。
今年になって入場料だけでも3000円近く払ってます。

地域の某集会は1時から。
家に帰っていては間に合わないので、嫁だけを会場に置いてゆく。
自宅にクルマを戻して徒歩で会場入りするつもりが、横になったらついつい寝てしまった。
ボウズが帰ってきた物音で目覚めた。
2時やんけ。。。。
「早く来い」とメールがきた(笑)

« 豊橋の聖ハリストス教会が国指定重文に | トップページ | 使命感と性分 »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

豊橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/41015584

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の終わりに:

« 豊橋の聖ハリストス教会が国指定重文に | トップページ | 使命感と性分 »