最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

こころの壁

引っ越してほぼ2月。
回りのひとは親切かつ楽しい人ばかりです。
石巻山の麓で仕事をした時は、石巻山について様々なことを教えてくれた上に、会社に帰るには少し早いからと石巻山の展望台までプチドライブしてくれたりするし、嫁が所属する任意団体の人たちは、所属しているわけでもない自分を仲間として遇してくれる。
それに豊橋内外の友人・知人にはどれだけ勇気づけられたか。そういった人たちの気持ちが、まだたまだ新しい土地でまごついている天茶を、豊橋になじませようという力に変換するのです。
すべてに日々感謝。
けれどまだまだ豊橋人にはなれないらしい。
ゆうべ一緒に飲んだ人は豊橋市民歴40年、途中名古屋で8年暮らしたとか。
「家に帰ってきたって感じたもん!」8年の名古屋生活を終えて豊橋に戻った時、そう感じたという。
8年だよ、8年!

よその土地というのはよほど高い壁を持つようで、ついさっきまで寝ていたのに今朝も熱っぽく、さらに血タンが出た。

停車場にそをききにいきたい。

2008年3月28日 (金)

夕がた

今日は強風のために一部の作業が変更になり早めに帰宅できました。

帰宅してのち、何をしようか考えながら弁当箱を洗っていたら、外がいい加減暗くなってたから、寝室にころがってみた。

お茶が欲しくなって、ダージリンをいれた。
本が欲しくなって、胡蝶の夢を開いた。
北の窓から市電の音がした。

2008年3月27日 (木)

天茶's Dinner

一月ぶりの二川定食です。
店を訪れる時間が、仕事の都合でいつも閉店間際になり申し訳ないです>Yさん

コロッケだよ。
ミンチカツだよ!
カレーパンだよっ!
スパゲティサラダだよ!
「昨日のキャベツ、少しとっとけばよかったね」
残念だったね、はにい(^_-)
残り物のキャベツのコンソメ煮スープにラーメンを入れてみる。
なんかうまそうな予感!

月に2〜3回は行かないと、二川情報から置いていかれるのだ。今日も新情報ゲットだぜ!

体調はあいかわらず。
眠たいのです(*_*)

かぜ?

夕べはダウン。
仕事中から続く寒気とだるさを自宅に持ち帰って即座に寝た。
上は38度3分まで上昇、頭はくらくら…
不思議なことに体温が乱高下する。なぜだろ。

朝には36度に落ち着いて、どうにか出勤するけれど、調子はよくない。
会社で症状を話すと、「飲みすぎじゃないか」と言われた(^_^;

今夜も早めに休むとしよう。

2008年3月25日 (火)

春キャベツ

755432687_180


うちの社長はお金持ち。
趣味は家庭菜園で、できた野菜は社員にお裾分けo(^-^)o

今日は春キャベツ。
まるまる春キャベツ。
さてどうやって食うかな(^_-)

2008年3月24日 (月)

静岡は遠い。

「今日は○○君と静岡へ行ってください。」
ついにきた、静岡(´・ω・`)

「午後から回復する」という予報を信じて、土砂降りの雨のなか東名を上る。
走ること約2時間半、やっと現場に着いたよ。
豊橋がいかに愛知の極東といえども、やはり静岡は遠い。
そして静岡にもひがさしてきた(^_^;

2008年3月20日 (木)

柔軟剤の功罪

「タオルががさがさだよねー」と朝、彼女が言う。
「うちは柔軟剤使わないからさー」と理由がつづく。
「なんで使わないの?」
「柔軟剤って肌に影響あるんだよ、アトピーとかさ」

実家にいる当時、夏のあせもと冬の肌のかゆみには閉口したものだ。
冬の夜ふとんに入ってしばらくすると、肌がこそこそとかゆくなる。
あせもに比べればまだまだ軽度なれど、こちらに来てからというもの、その症状が出ていないことに気付いた。
ひょっとしたら、あのかゆみは柔軟剤の影響ではないのか!?
同じような症状で毎年悩んでいる、実家のオヤジもひょっとして柔軟剤の影響ではないのか。
そう思って早速自宅にも知らせてみたが、どうなったろうか。
経過が気になるなぁ。

夏のあせもがひどいのも、ひょっとしたら柔軟剤の影響じゃないかと思い始めている。
もし今年あせもが出なかったら...
柔軟剤をうらむよ(笑)

水槽の引っ越し

日曜日にね、やったですよ。
そりゃあ大変でしたさ。
水を抜くのも、運ぶのも。
魚の安全を図る時間の余裕などあるはずがなく、ギリギリまで水を抜いた状態の水槽に魚を入れたままま運ぶだけ。ある程度の犠牲は覚悟の上。

水が少ないことよりも、揺れることで魚たちがおびえて暴れることが致命傷になりました。
質量のある魚たちはその外傷によって傷ついていましたが、意外と元気なもので、犠牲は小魚たちばかり。予想よりは少しましだったかな。

疲れたよ...

銀河の思いで

急行銀河がなくなりました。
これが一般的なニュースなのかどうか疑問だけれど、ネット上にはいろんな感想(感慨?)があるようなので、” かつて”は鉄っちゃんだった自分も、書かずにはいられないでしょう。

銀河だってかつては普通車や一等車、寝台をぶら下げて走っているただの”夜行急行”のひとつつでした。それがだんだんと淘汰され、最終的に残ったのが銀河。
銀河が特別だったのは、東京ー大阪間を走っていたこと。
上野ー仙台の20系寝台急行が東北新幹線の開業に伴って廃止されたけれど、そのときだって、「銀河は超人気列車」と呼ばれていましたからねぇ。銀河がなくなるようでは国鉄も終わりだろう、なんて話していた矢先、国鉄先がなくなってしまいましたな(苦笑)
新星だって比較的乗車率もよく、発車の2時間前からホーム据え付け&寝台利用可なんていう破格のサービスしていたのにね。
でも新星は消えた。20系とともに。
そして銀河も消えた。24系とともに。

「4割程度の乗車率に落ち込んでいた」とマスゴミでは報じられているが、4割の乗車率は均してのことだろうから、日頃の乗車率はそれほど悪いとも思われない。
かつての栄光ばかり追うからそういう報道になるだけのこと。
銀河って昔は品川客車区(東シナ)持ちの車両だったから、最終的に東日本持ちの列車だったのでしょうか。東海と西なら285系を増強して共通運用に区組み入れるってことも可能だったのでは。
結局は分社化の弊害。
ロクデモナイ分割民営化でしたな。
でも最低度では東海が筆頭(爆)

ネット上では、いろんな形容がなされている銀河の列車形態。
・寝台専用急行
・ブルートレイン
・夜行寝台急行   ......etc
どう違う?
ブルートレインって20系からはじまったっていう認識だけれど、20系や、それによる特急あさかぜが寝台専用ということはなく、実際には普通車やグリーン車もあったはず。ファン的に細かく言えば、20系以降の固定編成車両で運転された優等列車ということでいいのかなあ。
個人的には単に急行銀河って呼ぶのが好きだけれど、思い入れを込めるならば、「101レ」と呼びたい。
日本最大の幹線鉄道・東海道線をトップナンバーを掲げて走る急行列車ということが、この列車の全てを表現しているから。

数年前に一度乗りました。
むろんB寝台ですよ。えぇ下段。
加えて初めての寝台車でした。
興奮して寝られなかったなぁ。結局浜松を過ぎるまで通路の補助いすに座って外を眺めてた。
岐阜の手前で車掌が小声で起こしてくれたことも、テールランプが遙か遠くに去っていく感じ。
「国鉄」という組織は消えてかなりになるけれど、国鉄の実質もどんどん消えてゆく。
胸の中からもどんどん国鉄が消えていく。
まぁいいのだ、今の自分にはそれに代わるものがある。
国鉄<豊橋鉄道だもの。

2008年3月15日 (土)

胡蝶の夢

20080314145833 普門寺。
二川をさらに北へ分け入った谷間のどんづまり。
激しい雨のなか、もやが山の頂上を目指していくようなところでした。
山間のお寺ってなぜか雨が似合うけれど、今日のような非日常的な激しい雨では、「ぉぃぉぃ」とつっこみを入れたくなる....

本を三冊買いましたよ。
馬遼太郎の胡蝶の夢。
松本良順関連の小説であるらしい。
久しぶりに司馬遼太郎の長編がとても読みたくなった。
といっても、未読の司馬遼太郎の長編小説なんて、もう...ない。
これが最後ではなかろうかと思う。

門拳の文庫も買った。
「腕白小僧がいた」という作品で、彼の写真とエッセイが200ページそこそこの文庫本に押し込まれている。700円そこそこでこれだけ充実した本を買えるという驚愕に近い驚きを以て購入した次第。
土門拳が子供たちを追った写真てすごい迫力。
お手軽な価格で彼の作品がお手元に!^^

ま一冊は未完に終わった白石一郎の十時半睡事件帖「東海道をゆく」。
NHK時代劇で島田正吾が好演した十時半睡シリーズである。
十時半睡が東海道を歩く道中記の体裁で、いわゆる捕物帖とは一線を画している。けれど、未完だからねぇ^^;
彼の旅は浜名湖あたりで終わるようです。

2008年3月12日 (水)

びっくり!

建築現場では新規入場教育にあわせて、調査書みたいなものを記入します。
血液型とか、緊急連絡先などを書きますが、豊橋に来て、初めて国籍記入欄をみましたぞ。
名古屋では本籍地だってあまり書かないのに、国籍なんて(^_^;
外国人が多いな豊橋ならではですなあ。

2008年3月10日 (月)

土・日・三河湾産アサリ

会社で部長採集の三河湾産アサリをいただきました。
よほどたくさん採れたのか、社員にもお裾分け。
社員といっても4人だけどねw
会社の駐車場の愛車のドアミラーの上にそのアサリ袋はのってました。
今夜から砂出し。
明日が楽しみや!
三河湾産アサリ、名古屋ではブランド力がある。

土曜はとっても忙しい一日で、仕事が終わるやいなや豊橋駅前でバイキング。
パスタがうまかった!
あれがホンモノのイタリアンやね(笑
飲みたい天茶は飲んでばかりで、デザートを食うのを忘れた!
おーまいがっ!
その後は知人と飲む。
お祝いまでいただいて、申し訳ない...
深夜に珍客来たる。
思いもかけない客は、時にうれしかったりする。
それを迎えられる喜び(^_^)

740422611_147 日曜日。
夕べの珍客を駅まで送った足で、豊橋公園へ行ってみました。
駐車場にクルマを置いて吉田城内をゆくと、鉄櫓公開中と案内があり、「運がいいねー」と二人して見学するけれど、見物(みもの)は城内再現模型くらいかな。
展望も、この後に寄った豊橋市役所展望室に譲る。

740422611_218 何度か撮影している豊橋公会堂や聖ハリストス教会も見たよ!
ロシア正教徒でもないわたしは外見の見学のみ。
塔屋頂上に止まったカラスはご愛嬌。
ピントが合うとあわてて逃げて行きましたとさ^^

740422611_45 飯を食おうと旧大手通りを南に歩けば、なんとなく魚町に入り、さらに旧東海道に近づくふたり。
そば屋で昼食を取ったあと、やはり東海道に近づいてしまう^^;
偶然見つけた中京銀行豊橋支店(旧西尾銀行豊橋支店)を撮影すれば、その向かいにはみたらしで有名な大正軒を発見!店内に入ると、いにしえの豊橋市内の地図を配布しています、との案内。
思わず「おおっ」と声を出して反応してしまう。みたらしに気を取られている嫁を横目に、「すみません、この地図をお願いします!」

見た物。
歩兵第十八連隊正門。
同歩哨跡。
豊橋公会堂。
聖ハリストス教会。

2008年3月 3日 (月)

たのしいひなまつり

Th_img_9256 今日はおひなさま。
近所の菓子屋でひなまつりの菓子を買ってきた。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノはもちろんめびなを、嫁はおびなと思しき菓子を食す。

春の弥生のこの佳き日、なによりうれしいひなまつりるんるん

午前中、防水下地を作った。
防水下地とは、防水層を作るための下地で、今日は樹脂モルタルを使った。
午前中に仕上げて、道具を水洗いしていると、そこに足を踏み入れようとしている輩が目に入った。
「そこ、あがって大丈夫かね!?」と先輩が彼に叫びかける。
”彼”はそこでしばし足下を見て、「ダメみたいです」と言う。
おめーな、ダメってわかっとるなら踏むなよshock
こんな頭の悪いヤツが建設業界には確かにいる。

2008年3月 2日 (日)

落穂拾い先行版 東海道日坂宿

Th_img_9193 日坂ヘ行ってきました。
ついでに子育飴の扇屋へも。
途中ダウンサスが入ったカリーナですら厳しい道もあったけれど、どうにか無事通過。

日坂では旅籠2件を訪ねてきました。
士分用旅籠・川坂屋と庶民用の萬屋。到達していない宿場でも先入りして史跡を見ることも、天茶主義では許されている。

Th_img_9207 Th_img_9245 どちらも公開日が休日の日中だけに限定されているのは、管理がボランティアに委ねられているからでしょう。川坂屋ではにこやかなおじさんが建物について解説してくれるよ。
幕末の建物が今日までどうにか残ったのは、最近まで現役の住まいだったから。それを掛川市が改修し、地元が管理する。
趣味的には萬屋が楽しい。高級旅籠となればある種の形式が求められるが、庶民の宿はさまざまな形式や使用法が存在する。他の地区のものと比べて、違う理由を探るのが楽しい。
萬屋は通り廊下がない。変な感じ(^_^;
でもうらやましい。
ちょっと古い町ならたいていこうした隠れた資産を持っているもの。
豊橋市もこうあってほしい。

帰宅してから嫁に髪をきってもらった。
いつも床屋で切ってもらってた時とおんなじようなスタイルやん(^o^)
「前髪の長さがそろってないじゃん」
「そろえたらボッチャンガリじゃん!」
そうかそうか、納得(^^)

ギダイ

ここ数日ギダイの現場にいる。
ギダイである。
名古屋にいる時分もギダイの現場に行ったことがある。

「今日は○○さんとギダイへ行ってね」
磐田に続いてこんどは岐阜かよ〜!
名古屋なら岐阜なぞすぐそこだけれど、豊橋から岐阜である。名鉄の名古屋本線なら始発から終点、しかも岐阜大学はさらに西である。
○○さんに聞いた。
「高速ですか」
「ギダイ行くのに高速なんか使えんよ(笑)」

着いたところは国立大学法人・豊橋技術科学大学だった。
略してギダイ.....
言うかぁ〜っ????

2008年3月 1日 (土)

あかぎれがんねん

今頃になってアカギレができる。
指先、関節…
アカギレなんてできたことないのに、ドウイウコト?

ゆうべは飲みに行ってきました。美女(嫁含む)に囲まれてご満悦な夜でしたよ。スナックDEカラオケ、何十年ぶりだろう。

Just the way you are
雨の中のふたり
Diana

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »