最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 二川のカレーパンとお囃子 | トップページ | イワタ »

2008年2月17日 (日)

落ち穂拾い 旧新居宿

土曜は深夜まで二川の某保存会にいて、帰宅後倒れ込むようにして寝てしまいました。
篠笛ってきれいな音色だねぇ。それが太鼓にのると、体を動かしたくなるような”音楽”になる。
自分も少しは練習させていただきました。
「初めてで音が出ればすごいですよ」と言われたけど、初めてではなかった^^;
まずは音を出すこと、それが一番。

日は二川へ行くまでに新居町へ行ってたのです。
「落ち穂拾い」というのは、街道を歩いたあとに残った資料館を見て回ること。
新居は関所と紀伊国屋だけと思ってたけど、甘かった。

Th_img_9051 新居の関は東は浜名湖に面していて、陸路はなし。
つまり東から船で入って西へ東海道が開けているといった仕組み。
その風景が復元されていることがうれしい。
あくまでも模型だから、浜名湖から上陸する目線で関所が見られる。
青空と、傍らに立つ槇と、古めかしい関所のコントラストがすばらしい。
二川に負けないほどのボリュームはあるが、新居そのものの展示が少なかった気がする。

Th_img_9057 昼食をとって紀伊国屋へ。
特に特徴もない旅籠だし、ぼくは関の玉屋の方が好き。玉屋や二川の清明屋にはミセがあっていかにも旅籠だけれど、紀州徳川家の御用を勤めていた関 係か、紀伊国屋にはそれがない。新居にはなかった脇本陣の代わりを務めていたから、そこそこの威厳は保つ必要があったのかもしれない。

紀伊国屋の掲示に「置屋・無料公開」の文字があった。
ボランティアの方がたまたまやってきたので、その人についていった。
路地を入ったところに、置屋はあった。
右から「小松楼」と書かれている。電話は新居50番(笑)

Th_img_9082 Th_img_9096 置屋っていうのは、芸者を置いておく店だと思っていたが、ここでは多少ニュアンスが違うようで、お客をあげていたらしい。ガラスには松、階段には違い棚の ような飾り、手すりは中央部だけ面を落としてあったりする。室内であるにも関わらず、艶々したベンガラ塗り。二階の踊り場は広く、芸者さんの踊りの練習の 場になっていたとか。しかし建物は既に朽ち始めて久しいようだ。
Th_img_9090 中にはいると、芸者さんの写真や、新居の古写真がたくさん飾られている。
小松楼のまえで腕組みをしている”おかあさん”らしき人の後ろに並ぶ3人の芸者。なんとも印象的な写真です。

ここは町の運営ではなく、あくまでもボランティア組織で公開・運営しているそうです。これを新居で保存して行きたいという人の気持ち、これからも残して欲しいという気持ちを込めて、野口英世の肖像画を一枚寄付しました。
ぼくを最後にして閉館しようとしていたのにそれから40分あまりに話し込んでしまいました。
関所、紀伊国屋と整備したんなら、この置屋も文化として保存すべき...というか保存してこそ、新居町の文化財に対する考え方が見えてくると思うんですよ。文化財は観光資源ではないけれど、観光資源にも転用することで、町の発展の一助になるんだから。

問い合わせは新居関所資料館まで。
053-594-3615

« 二川のカレーパンとお囃子 | トップページ | イワタ »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/40163119

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち穂拾い 旧新居宿:

« 二川のカレーパンとお囃子 | トップページ | イワタ »