最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 移住 | トップページ | メジャーなタレントを見た in関 »

2008年2月 2日 (土)

29年間でなくなったもの 〜鈍行列車の旅より

1979年に出版された種村直樹著「鈍行列車の旅」、そのまま捨ててしまうのはもったいないので、再度読んでいます。

この頃はまだマスゴミによる国鉄総攻撃前で、のんびりした列車の旅が著されています。
それでも、時々出てくるホテルの廃業は悲しいものがあります。
この本を読んだ時分は、まだホテルに泊まりに行くような経済力もありませんでしたから。

●SLホテル高原列車 野辺山駅前。
軽量客車10系寝台車とお座敷列車による列車ホテル。
平成元年廃業。
1978年当時すでに「くたびれている」との記述あり。

●エステル白馬
白馬駅舎2階、平成18年廃業。

29年もたつと隔世の感があります。
関の国民宿舎にあるブルートレインもそれほど長くはないんだろうなぁ。
なにしろあれ20系、10系客車と登場時期は変わらない...

« 移住 | トップページ | メジャーなタレントを見た in関 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17961987

この記事へのトラックバック一覧です: 29年間でなくなったもの 〜鈍行列車の旅より:

« 移住 | トップページ | メジャーなタレントを見た in関 »