最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« パワー不足かなぁ | トップページ | おシャシャのシャン! »

2008年1月 7日 (月)

広報広聴課の本たち

豊橋市広報広聴課が出している、「豊橋の歴史」という本があります。
それにオールカラー50ページの「考古な町トヨハシを知る」なる本をこの年末に買い求めました。
地元の本屋の片隅に5冊ずつ平積みにされていましたが、買われた形跡はあまりなく、店員も定価表示のない本のレジ打ちに戸惑うほど。

昨日田原で入手した「OIDEN MAP田原まちなかものがたり」という小冊子は、子供向けなのかなんだかわからんけれど、田原の歴史が詰め込まれています。よそ者にはわからない田原の歴史もあります。
圧巻は現在の地図に、江戸時代の屋敷割りを投影した地図です。
これが無料とはかなり驚きですが、今やどこでも地元の歴史発掘に一生懸命なのは、歓迎すべきこと。

役所が配布・販売する物は、本などの場合、民間のものよりは割安で、売る事より知ってもらうことに主眼を置いているから安くて、内容が濃い。読むのも楽しいし、自分が訪ねる時にも参考になるといいことづくめ。

役所が直接編集・販売している例は横浜と豊橋しか知りませんが、よそでもいっぱいやってるんだろうなあ。けれどもあんまり遠くても意味がないな。これは「観光」ではないから。
ぼくのやっていることは、町を知ること、人を知ること。
観光とは明らかに違う。まぁ、知ろうとする人にとってはレジャーではありますが(笑)
”観光客”には、この醍醐味はわかりますまい。
「いい旅夢気分」を見て「これが旅行だ」と思っている人たちにはなかなか理解されますまい。
そんなひとりよがりな趣味なんでしょうなぁ^^と、少々自虐的になってみたりするのも、ある種の快感だったりしますけども。

« パワー不足かなぁ | トップページ | おシャシャのシャン! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17635420

この記事へのトラックバック一覧です: 広報広聴課の本たち:

« パワー不足かなぁ | トップページ | おシャシャのシャン! »