最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« あまいかおり | トップページ | 1/13の日記 »

2008年1月15日 (火)

袋井の和三盆

この週末はネタ(ネタなのかっ!)がたくさんあり、順を追って話さなければわからないと思われるけれど、天茶の自爆日記はいつの時代も一人よがりの自己満足。
唐突にはじめてしまうぞ^^;

まずは袋井で買い求めた和三盆のこと。
和三盆、大好きです。こくのある味わいでありながら、甘みは上品。甘みの優しさを壊さないように足味わいを引き立てるという技、いったいなんだろうか。
口の中で溶かしながら香りを楽しむ。
あぁ、たまらない!
おやじはがりっがりっとかじりやがった!
「おいぃ〜かじって食うもんじゃねぇぞぉ、落雁じゃないんだから^^;」

そして、もうひとつは、 村一つという菓子。
和菓子の味なんて全然知らないけど、関の”関の戸”は大好きで、東名阪で西へ向かったときは必ず関宿へ寄って買うほど。それに似た菓子が袋井の五 太夫きくやの「村一つ」という菓子。正岡子規が上京する際、袋井駅のアナウンスを聞いたとき書いた句、「冬枯れの中に家居や村一つ」から名を取ったとか。

明治22年の子規の動向は、「坂の上の雲」で司馬遼太郎が詳しく書いていると思うが、年月日に弱い歴史ファンであるところの天にゃんは、明治22年 正岡子規とその友・秋山真之がこの時どういう状況にあったかをよく知らない。知らないままに、「村一つ」の心境をたどることはできないのだ。たぶん菓子一 つバカにできないはずだ。ましてや作り手は何百年という歴史を抱えた店でもある。その長い年月は、天にゃんどころか、正岡子規の想像を越えるさまざまなも のを含んでいるに違いない。
まあ菓子を食うときそんな話しはどうでもいいが、そんな知識があるとおもしろいやね。

きな粉と和三盆合わせたような菓子だということで買ってきた。
まあおおよそ予想通りの菓子でした。
歴史をかんじさせるパッケージとかわいらしい菓子。
それに「袋井以外では買えない」という価値。
楽しい和菓子だにゃ〜。

« あまいかおり | トップページ | 1/13の日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17699244

この記事へのトラックバック一覧です: 袋井の和三盆:

« あまいかおり | トップページ | 1/13の日記 »