最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 広報広聴課の本たち | トップページ | あまいかおり »

2008年1月10日 (木)

おシャシャのシャン!

なんだか知らんがおもしろかったよ!
向きにならず、身構えず、期待せず、怖がらず。
村歌舞伎ってテーマとしてはむずかしそうで敬遠したくなるけれども、歌舞伎そのものがどうのこうのというのではなく、村歌舞伎の存在意義をテーマにしたドラマだったから、ついつい興味をひかれて見切ってしまったよ。

名門の歌舞伎役者と村歌舞伎。
歌舞伎そのものをほとんど知らない天にゃんには、村歌舞伎と歌舞伎を対比して違いを見ることすらとても斬新だった。
どうしても中村勘三郎がダブってしまうんだけど、彼は村歌舞伎をどう見ているのかな。

田畑智子がね、とてもかわいく主役を演じてました。
この子、こんなにかわいかったかな^^;
全然タイプじゃないんだけどね。

« 広報広聴課の本たち | トップページ | あまいかおり »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17645596

この記事へのトラックバック一覧です: おシャシャのシャン!:

« 広報広聴課の本たち | トップページ | あまいかおり »