最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« TBSのひみつ | トップページ | ジャズの夢、長島 »

2007年12月17日 (月)

The ALFEE in Nagoya

この週末も遊びほうけていましたが、今週の目玉はThe Alfeeの名古屋公演。
アルフィって流行歌歌手だ、とほとんど興味を持っていなかったところ、たまたま友人がアルフィファン(一部中毒)で、連れて行ってもらうことになりました。

流行歌手グループなんてとんでもない誤解でした。今までのアルフィへのイメージをすべて覆されてしまいましたよ。どうにかイメージ通りだったのは、おちゃらけ(トーク)部分のみで、あとはまったく違う。
流行歌手というのは耳当たりがよく、キャッチーで歌いやすくて覚えやすく、さらに曲が大げさであったりすることも多い。アルフィのヒット曲もその例に漏れはしないけれど、それは「金稼ぎのため」と見た(笑)言い換えるなら、自分たちの世界に引き込むためのまやかしの世界。おいしいところばかり見せておいて、手の内に入ってしまえば、「へっへっ!これが本性だよ〜ん」て感じ。
一種の詐欺師ですか?(爆)

ステージを見た感想では、高見沢というギターリストがいて、畑違いの桜井と坂崎がいる。アルフィというのは実は想像上の生き物で、幽霊のようなもの。なにがアルフィを形作っているかというと、実は坂崎か桜井のような気がする。
高見沢っていうのは、早弾きがむちゃくちゃかっこええ!ちゃらちゃらしたよく意味のわからない派手な衣装とはうらはらに、的確なプレイをするギターリストとみた。とにかくギターを弾きたい!っていうばかりで、ほかのことはどうでもいい...みたいな。
その高見沢の力を引き出して自分たちの個性になじませているのが他のふたりであること。

そんな印象を持ちました。
すばらしいグルーブであることは、コンサートを見ることでわかる。
アルフィ独特のコーラスやギターの音、集中していればそれなりに聞こえてくるが、日本ガイシホール(レインボーホールか)は音響が大変に悪く、反響のためか音がスタンドに届くまでの間に混ざってしまっている。
もっといい音で聞きたい。
新しくアルフィファンになった者の心の叫びである。

« TBSのひみつ | トップページ | ジャズの夢、長島 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17395549

この記事へのトラックバック一覧です: The ALFEE in Nagoya:

« TBSのひみつ | トップページ | ジャズの夢、長島 »