最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東街便覧図略 II | トップページ | (グロ画像注意!)水はけよく »

2007年12月 6日 (木)

風の果て 完

最終的には、大団円。
まとまるところでまとまってよかった。

40年前の友は未だ友だった。
一之丞の気持ちはみんなに通じていた。

一之丞をして、一蔵を斬らせたことをみんなが負い目に思っていた。
杉山忠兵衛は、一之丞の経済的な面倒を見て、藤井庄六はメンタル面を見た。
命日にもお参りしていた2人。
何もしていなかったのは隼太ひとりだった。
「おまえは思っていただけだ」
胸をつかれた隼太。
思うだけでは、何もしていないのと同じ。
いや、何もしていない。
「そのすべてのツケを一度に払った」隼太の心中は張り裂けるような痛みの中で、再生したに違いない。
主席家老様の最後のセリフこそ、彼の新しい心。
「満江、おまえは昔よりきれいだ」

なにかもうひとつ佐藤浩市に物足りなさを感じるが、それが何かわからない。
「清左衛門残日録」では感じなかったナニカ。

« 東街便覧図略 II | トップページ | (グロ画像注意!)水はけよく »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17663597

この記事へのトラックバック一覧です: 風の果て 完:

« 東街便覧図略 II | トップページ | (グロ画像注意!)水はけよく »