最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« フェルナンド、ルノー復帰! | トップページ | 袋井に着くふたり »

2007年12月11日 (火)

袋井を目指すふたり

日曜日は袋井目指して、東海道を歩くわけですな。
距離21000!(メートル)

Th_img_7315 東海道は浜松の中心街を抜けて行く。
中心街と言ってもどことなく垢抜けしないのが旧街道の道。
時には雰囲気を感じながら、ひたすらまっすぐ歩く。
道は段落としに狭くなっていき、一号線をくぐるあたりでは、とうとうセンターラインすらなくなってしまう。

Th_img_7314_5

Th_img_7325_5

しかしここからしばらくは街道の雰囲気に浸ろう。
うなぎを焼く匂いに耐えながら、天竜川の土手に突き当たる。
突き当たりの六所社を迂回して土手上を新天竜川橋へ。

天竜川橋には長く歩道がなかった。
脇に架けられた新天竜川橋にも当初歩道がなかったらしい。
街道歩きの間では、歩道がなく大型の通行が多い道路を「難所」とするが、ぼくは一切気にしない。
歩道がないくらい別になんでもない。
スリップストリーム状態にならなければいいだけだから。
新天竜川橋が天竜川橋のすぐ隣に架かっていたから、そちらまで迂回したけれど、もう少し遠ければ天竜川橋を渡っていたところだ。

Th_img_7337_2 Th_img_7340

Th_img_7408

大乗院坂を上って下って、磐田市街地に入ると、あちらこちらにJubiloの文字。
「これサッカーのチームだよ、ゴンのいたチーム」と教えてくれるけど、よく知らん^^左へ90度に曲がり、北上する。郵便局から脇道に入ってまた元の道にも戻り、さらに歩くと、いよいよ姫街道との追分である。
普段しょっちゅう通る当古橋までこの道が延びているのだ。。。
遙かなり、豊川(笑)
東海道はここを東へと曲がる。
見附学校が見え隠れする見附宿中心部にあるそば屋さんで、遅めの昼食とする。
ビールと板わさがうまい!
言うまでもなくそばもうまかった!(らしい)

まだつづく。

« フェルナンド、ルノー復帰! | トップページ | 袋井に着くふたり »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17336743

この記事へのトラックバック一覧です: 袋井を目指すふたり:

« フェルナンド、ルノー復帰! | トップページ | 袋井に着くふたり »