最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 映画館は大セール | トップページ | ネタバレありの「てれすこ」 »

2007年12月 3日 (月)

ネタバレありの、織田裕二「椿三十郎」

現代日本らしい作品です。
ラルフ・シューマッハ風に言えば、「ひとりが突出するのを望まない」というトヨタ自動車的な映画。
トヨタ自動車は、「自らの意志でそれを構築した」ことであるが、椿三十郎は違う。「これしか作れなかった」のだ。
周辺は、「クロサワやミフネを真似ない」と言ってはいるが、脚本をそのまま流用していることは、「挑戦している」と解釈されても仕方ないことだと思う。

娯楽作品として、一級品ではないかと思う。
どんなシリアスな映画にでも緊張をほぐす程度の笑いは入っている日本映画。
この作品ではセンス良く上品な形で決まる。
役者や演出の力、だからおもしろい。安心していられる。

ダメなのは、織田裕二の存在である。
「椿三十郎」と銘を打ち、日本で一番金が取れる役者を主演に据えたなら、客の大半はそれを見に行くだろうし、ファンでなくともそれなりの力を見たいと思うだろう。
けれど、そんなものは全然ない。
織田裕二はOne of Themで、ちっとも主役じゃない。
青島俊作のきらめきはどこへ行ったか。
「あなたはよく切れる刀のように鋭い」とか、「ギラギラしている」と言われるが、そんな印象はまるで受けない。「なんのこと?」ってきょとんとし てしまうよ。椿三十郎はギラギラと野性的でなければならない。敵役の豊川悦司こそが、まさに「よく切れる刀でギラギラ」しているから、いっそう織田裕二の 迫力のなさが目立ってしまうんだよ。でも織田裕二の力量不足というよりは、「ミスキャスト」でしょう。かといって、織田裕二に変わる役者がいるかという話 しになる。
若くて、ギラギラしてて、正邪どちらでも似合い、刃物のように切れる男。
かつ、いい男で女にもてそうな男であり、加えて、他の役者を一瞥するだけで黙らせてしまうような役者....
い な い だ ろ。

つまりこの作品は、日本映画の限界なのだ。
少なくともクロサワ他2人によるこの脚本は、三船敏郎があってこその映画なのだ。新しい椿三十郎をつくるためには、新しい脚本を書くべきだった。織田裕二が主役と決まっているなら織田裕二に合わせて書き直すべき。
そうして成功したのが、武士の一分ではなかったか。

日本映画は盛況だ、過去最高と言われているがはっきり気付いた。
まだ日本映画は長期低落下にあると。
未だ三船を超える役者を作れていない。
椿三十郎の黒沢脚本は封印すべきである。
ちなみにぼくは三船の椿三十郎を見てはいないし、織田裕二は大好きですなんだけどね。

さて、映画の結論。

つ ま ら ん!
が っ か り し た。

« 映画館は大セール | トップページ | ネタバレありの「てれすこ」 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17265265

この記事へのトラックバック一覧です: ネタバレありの、織田裕二「椿三十郎」:

» 映画「椿三十郎」(2007年、日) [富久亭日乗]
     ★★★★☆  黒澤明監督、三船敏郎主演の痛快娯楽時代劇 「椿三十郎」(1962、日)を オリジナル脚本を使い、 森田芳光監督がリメークした。  独自の演出もあり、 上映時間はオリジナル(96分)より20分以上長いものの、 けして冗長にならず、面白かった。音楽も重厚でよかった。  某藩の汚職を正そうとする、 正義感はあるが頼りない9人の若侍に、 どこからともなく現れた椿三十郎と名乗る浪人が 「手前たちのやる事ァ、危なくてみちゃあいられねえ」と助太刀、 黒幕の大目付らにさらわれた城代家老を助け... [続きを読む]

« 映画館は大セール | トップページ | ネタバレありの「てれすこ」 »