最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 追いかけて横浜 | トップページ | 全国消防団員のみなさん »

2007年12月26日 (水)

Neil Sedaka

デアゴスティーニ社のGoldenPOPSシリーズが25日に59巻を発売、いよいよ予定の60巻に達しようとしてます。
53と、55-57が脱落していますが、随時補填中。
どうみても60巻で終わりそうにないし、今後も続けて欲しいシリーズなのですが、どこまで伸びるのか。
鉄道データファイルは当初の100が250になったとか。
もともと250巻スケールだったとしか思えない^^;
いずれにしろ買い続けますよ、GoldenPOPSだけはね。
近頃ではラジオから聞こえるオールディーズでうちにないものはほとんどありませぬよ。
音楽好きの道楽だわな。

タイトルのニール・セダカ。
いいのなー。
いかにもオールディーズっぽい曲のイメージだけれど、特に好きなのがなぜかSuperBird。

まったくニール・セダカの曲調じゃない。
「こういう曲も書けるんだぜ」といわんばっかりの名曲。
切ない歌声がなんとも言えないのです。
「日本だけで売れた」らしいこの曲。
やっぱりこの身にも日本人の血が流れていたか。
忌々しい(笑)

驚いたのが彼の年齢。
まだ若い。
同い年の人を並べると、その若さに気付く。
ムッシュかまやつ、千葉真一、中村玉緒etc...
えっ若くないって?(爆)
でもみんな現役なんだよなぁ。
歌ってないのかなぁ。
せっかく同じ時代を生きているのに、生歌が聴けないってのは残念だなぁ

« 追いかけて横浜 | トップページ | 全国消防団員のみなさん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17617498

この記事へのトラックバック一覧です: Neil Sedaka:

« 追いかけて横浜 | トップページ | 全国消防団員のみなさん »