最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 東員町のコスモス 〜おにぎり持って 愛持って | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »

2007年11月 1日 (木)

風の果て

NHKの木曜時代劇はこのところ短編が続いてました。
見ず知らずの軽い役者と、うわついたストーリーでどうにも見る気が起きなかった。
「風の果て」は、佐藤浩市、仲村トオルなんていうところを使って、久しぶりに骨のあるドラマになっている。佐藤浩市だけでなく、その若年期も福士誠治が演じており、今までの不調(天にゃんの主観です)が一気に払拭された。
ストーリーはまず、ドラマを見よ。
そして感じるべし。

人としての厚みは哀しみと表裏一体である。
人を愛するとは許すことである。

苦しく辛い思いをしてまで家族を守っていかなければならない武士の悲しさが、藤沢周平の原作にはある。

« 東員町のコスモス 〜おにぎり持って 愛持って | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16985727

この記事へのトラックバック一覧です: 風の果て:

« 東員町のコスモス 〜おにぎり持って 愛持って | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »