最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ラジエター逝きました | トップページ | F1 日本GP »

2007年9月26日 (水)

大にぎわい 城下町名古屋

最近あまり博物館には行ってないけれど、この特別展は大ヒットです。いやぁ、おもしろかった!
愛知県図書館で名古屋の古地図をコピーしてきたりするほどの名古屋ファンとしては、これは大変に興味深い展示なのです。
Th_img_7716
主に名古屋風俗の絵を中心とした展示だけれど、貸本屋の看板だとか、美濃路分限図など、食い入るように見てしまうものがいくつかありました。
思わず笑ってしまった展示品が、かつて宮の渡しにあった「時の鐘」。
これはごく最近まであるお寺に保存されていたもの。
いやその...保存ていうか、建物の裏に雨ざらしになっていた、つまり「放置されていた」代物。もちろんお寺の裏に放置しておくようなものではな く、本来博物館で管理した方がいいのだけれど、博物館に置くとみな興味深く見ていくのに、お寺の裏に置かれている状態ではだれも見ないってのが、興味の度 合いを示す上でとてもおかしかった。でもこの鐘はこれで生き返ったよね。
写真はお寺に放置されていたときのもの。間違っても博物館の中で撮影せんように(笑)

今回、たまたま学芸員氏の関連講義があったので聞いてきました。
名古屋城下の武家屋敷図を再現した話です。
地図は入手してきましたが、なかなかすごいですぞ。
武家といってもピンキリ。
5石2人扶持のような身分の者まで名前が載っている。
こういう地図が昔から欲しくて、いろんな資料を読んでは書き写したりしてたんだぁ。
この学芸員氏、相通ずるものがあるよ。
当時の天にゃんは「これは遊び」と割り切っていたが、これを職業にしている人もいるんだなぁ。
うらやましか!
でも基本的にはやはり趣味のようで、「仕事の片手間にこっそりと」などともおっしゃっていた。
この地図は相当優れものなのだが、名古屋城下のものしかないので、興味のない人には意味がないだろうなぁ。
「だからなに?」と言われるだけだよ(笑)
そんな似たような”趣味人”が博物館の中にいるとは楽しいねぇ、ゆかいだね(爆)

さて、その学芸員氏が明らかにした名古屋城下が西に5度傾いている理由。
(ΦωΦ)ふふふ。
「まだ学会にも発表してません」というものの、今までだれも気付かなかったことの方が不思議な理由でした。
歴史が地学とつながるとは驚いた!

展示物で一番のお気に入りは貸本屋の看板と、東照宮祭礼図のふたつ。もうとびっきりやね!
でも名古屋市博物館の憧れの君、山本祐子氏を見られなかったのは、返す返すも残念だった^^;

展示替えもあるからまた行きます。
次回は目の調子を整えて、1m程度先の細かい字など見える状態で挑みたいと思う。
でも会期が末期になると相当混みそうな雰囲気だぁ。

もともと他の名古屋市民の5倍ほど名古屋が好きだけど、これで8倍くらい好きになったな!

« ラジエター逝きました | トップページ | F1 日本GP »

博物館・史料館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16610343

この記事へのトラックバック一覧です: 大にぎわい 城下町名古屋:

« ラジエター逝きました | トップページ | F1 日本GP »