最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 8/15の日記 | トップページ | 怒濤の週末  地獄編 »

2007年8月17日 (金)

伊予からの客人

533159230_221 おみやげをいただきました。
客人曰く、
「ぼくの好きな饅頭なんです」

食う前にしおりを読んだ。
天野祐吉氏が書いておられるその文章がとても気に入った。

「たっぷりと時間が詰まっている」

それほど難しくもない表現だけれど、この表現を生むための背景が必要であると思う。
つまり、菓子そのものに興味がない人や、「たっぷりした時間」、まんじゅうの歴史いずれかにロマンを感じなければ、この文章は書けなかったと思うのだ。
街道歩きの途中で見つけた和菓子屋に寄って、歴史のある菓子食べるとき、菓子そのものの味よりも、長い間に関わった人たちが見える。

卯之町の、古い道の一角にある130年余続く和菓子屋。
「時間がたっぷり」あるその空間を自分も感じてみたくなった。
あ、その前に菓子食わなくちゃね(笑)

お返しは関の戸。
関以外ではかんたんに手に入らないのに、東海道と同じだけの歴史を持つ。
なんだかこの近辺でとっても自信があるおみやげです。
昨今こればっか^^

« 8/15の日記 | トップページ | 怒濤の週末  地獄編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16809546

この記事へのトラックバック一覧です: 伊予からの客人:

« 8/15の日記 | トップページ | 怒濤の週末  地獄編 »