最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 七両三分の春駒 | トップページ | いいものみつけた! »

2007年7月14日 (土)

木曽路北端の旅 奈良井→塩尻 (5) 本山宿

497139595_216 497139595_157 中央線を大きく越えていく高架道路を右に見送って、側道をぺたぺた行くと、ほぼ道は行き止まり。歩行者のみの道路となって中央線を渡り、19号と合流する。
またまた辛い国道歩きではあるが、すぐに本山宿入り口がみえていて、励みになる。
渓谷の南の崖に形成されたような本山宿。
なぜか川側に多く古い家屋が残されているが、おそらく山に向かって道路を拡幅した結果なのだろう。またここの古い建物は大変に特殊な作りで、いままでみたことのない建物になっていた。
497139595_6 最初に目にしたときは問屋場かと驚いたが、どこの家も同じつくりであるから、そうではないらしい。
入り口はほぼ中央にあり、半分は一段高くなって住まいらしいが、片側は、道路とほぼ同じ高さとなっており、間口には室内と同じように板がしかれている。
見たままでいえば、車庫の入り口だが、本来はなんのためにこのような構造にしたか。大変に興味深い。

672696_4192692315 自販機前に座り込んで、ジュースで一服。
時間はちょうど昼であった。
本山宿を含むこの集落は大変に長く続く。
国道との合流地点に石仏群。

国道に出ると物流センターなどの大きな近代設備が目に付く。
それらを相手にしたものか、そば屋発見。
そういえば近代のそば切りはここ本山宿で始まったとか。
宿場内の外れにも、そば屋があったっけ。

早速とビールとそばを注文する。
さすが本場といおうか、そばのいい香りがする。
そばと同時に豆腐も手作りだそうで、寄せ豆腐みたいなものも出されて、ビールが弾む(笑)

1時間の休憩の後、再び歩き始める。
休憩すると足が痛くなるのはなぜだろう。

« 七両三分の春駒 | トップページ | いいものみつけた! »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17634791

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽路北端の旅 奈良井→塩尻 (5) 本山宿:

« 七両三分の春駒 | トップページ | いいものみつけた! »