最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 真夏の視力検査 | トップページ | ツィーターとバッフルボード »

2007年6月14日 (木)

雨に煙る木曽路

あめだあめだ。
8時現在、けっこうな音を立てて降っとりますが、そろそろ意識も覚醒してきて、「何をして過ごすか」あわててる最中。

新しいオーディオをがんがん鳴らしてみたいし、高速で1時間ほどの範囲へ出動したい。

二川宿本陣資料館
一度行ったなあ。
草津宿を見た後ではあまり見たい気がしないけれど、資料館と合わせれば負けないだけのボリュームはある。
でも...東海道なのか?(笑)
「旧街道」となるとどうしても中山道〜木曽路に目が向いてしまう。
中山道広重美術館....いいかもなあ。

しかし木曽路というと、やはり中津川以東やなぁ。
正確には木曽路は馬籠からだけれど。
中津川宿から妻籠の風情は都市部と木曽路が混在し、大好きなコースでもある。
部分的に相当なアップダウンがあるけれど、それを通り抜けて馬籠地区に入れば、新茶屋〜荒町〜石屋坂〜馬籠峠の風景がある。
新茶屋から石屋坂へのルートはアスファルト舗装によって著しく印象を悪くしているが、道祖神や、石碑等に救われている。
なにより「夜明け前」読者にとっては、「新茶屋まで迎えに出た」
「石屋坂付近には...」という記述が思い出されて、なぜだか子供の頃見た景色が蘇ってくるような錯覚を強く感じる。
馬籠の魅力は、新茶屋から歩かなければわからないのだ。

« 真夏の視力検査 | トップページ | ツィーターとバッフルボード »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16722926

この記事へのトラックバック一覧です: 雨に煙る木曽路:

« 真夏の視力検査 | トップページ | ツィーターとバッフルボード »