最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 雨の醒ヶ井宿 (2) 醒ヶ井宿問屋場 | トップページ | 加ト吉とアメリカ産牛肉 »

2007年6月24日 (日)

ライアーゲーム最終回

えーーーー....
このエンディングはなんだ....
ライアーゲームの理由がこれ...?
ゲームそのもののトリックは相当おもしろかったから、わくわくしながら見てたけど、オチがあまりに悲しいね。
謎めいたゲームの主催者が姿を現した時点で、おもしろみが大きく減退したな。
やはり最後まで顔は出しちゃあいかんだろうし、特別出す必要も感じなかった。

お子様向けのきれいきれいドラマだよね。
それとも大人向けのメルヘン?
「世の中捨てたものじゃありません」てか^^;
「傷ついたお父さんたちに」か?
母親を追い詰めた男になんの負債を負わせず助けることが優しさか?その頂点に立っていた男はベッドで余生を送るのか?
それがカンザキナオの優しさですか?

この落ちに至るまでのストーリーにも、大人らしいひねりがないことは、漫画の限界なのか、作者の限界なのか。

いかにも「いいことしてるでしょ、あたし」という演出のキラキラ目が腹立たしい。人の努力をなんだと思っとる!
そんなことではイカンザキ!

エリ役の吉瀬美智子が最高です。
彼女をずっと映していてくれればドラマいらんよ。
その程度のドラマだ(笑)
ほっそりしたスタイル、色っぽい歩き方、アルカイックスマイルのような口元。
あぁすべてが最高ですわん!
要チェックですな!

松田翔太もよかったなー。
それほど芝居がうまいわけじゃないけれど、それを逆手に取ったね。
この路線で行くなら彼の映画を見たいわな。
結局最後まで一度も笑顔を見せなかったけれど、「いいんじゃないか、そのままで」はよかったよ。横顔とともにしびれたよ。
つぶさないよう、大切に育てて欲しい役者だなあ。

« 雨の醒ヶ井宿 (2) 醒ヶ井宿問屋場 | トップページ | 加ト吉とアメリカ産牛肉 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16724269

この記事へのトラックバック一覧です: ライアーゲーム最終回:

« 雨の醒ヶ井宿 (2) 醒ヶ井宿問屋場 | トップページ | 加ト吉とアメリカ産牛肉 »