最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 加ト吉とアメリカ産牛肉 | トップページ | 社会保険庁のボーナス返納?(猛毒注意) »

2007年6月24日 (日)

雨の醒ヶ井宿 (3) 六方焼

475954420_251 もう少し東へ歩いてみる。
雨はどんどんひどくなる。
地蔵川の水面は雨にたたかれて、池は神秘的に煙ってきた。
あたりの石垣にたくさん固着しているユキノシタも花を閉じたままで雨に打たれていた。

さしもの居醒の清水も、大雨の影響か水が濁っており、とても口にする気にはなりませんでした。端で飼われているイトヨくんたちの水槽も濁りがち。
さすがにいたたまれず、寺の縁でデイパックにカバーを掛けました。

475954420_17 475954420_115 しかしこれ以上東へ行く必要もなく撤収。
途中の路地をのぞき込むと菓子屋があったので少しのぞいてみた。
店の名前が「泡子堂」。
これは西行の故事にちなんだものであることは間違いなし。(読みは「あわこどう」らしい)
そこで六方焼きという菓子を買う。
6面焼いてあるから六方焼きとはそのまんまか!^^
「今日は雨だからいかんねぇ」といいつつ菓子を袋へ。
それにしてもこの雨は、親の敵か。
こんなに激しく降ることはあるまい。
途中の雨量計には23mm/hとあった...

« 加ト吉とアメリカ産牛肉 | トップページ | 社会保険庁のボーナス返納?(猛毒注意) »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16724321

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の醒ヶ井宿 (3) 六方焼:

« 加ト吉とアメリカ産牛肉 | トップページ | 社会保険庁のボーナス返納?(猛毒注意) »