最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東へ西へ あわあわの国をゆく | トップページ | 主権者として国会議員に最低限望むこと »

2007年5月27日 (日)

東海道を東へ

夕べはホテルに着くなりシャワーを浴び、バスタブにお湯を張って、入浴剤を入れた上で30分ほどゆっくり浸かりました。
その後は足に湿布をぺたぺた張って、7時過ぎから横になっていました。
寝たり起きたり夢うつつで、午前2時頃までそんなことを。

447042149_213 447042149_74 朝は7時にキショーッ!
「草津本陣に行って、交流館へ行って、電車に乗って帰るの」
と何度復唱したことか。
でも追分の風景があたしを変えましたね。
「とりあえず交流館へ行って旧街道の情報を入手しよう。話はそれからだ」と。
交流館では「近江の中山道・東海道ルート」と称したパンフレットが売られておりました。
実物を見て、「これなら歩ける」と確信。
草津の東隣の宿場・石部までの距離を係の人に聞いたら「11kmです」。
約3時間。足の遅い天にゃんなら4時間か。
決定を先延ばしにしてとりあえず草津本陣へ。

本陣はすばらしい建物でした。
撮影できないことが唯一残念。
一通り建物の説明はあるんだけれど、客の質問に答えられそうな人がいないことが残念。
あんな若くてきれいなおねーちゃんに聞くのは野暮という物だろ?(違うかw)

本陣の中で街道パンフレットをみながら10分ほど考え込んでましたよ。
結論を先送りして、とにかく草津駅へ行ってみた。
たとえば石部まで歩いたあとに電車にのって家に帰る時間とか。
その結果3時間で歩けば、名古屋には6時過ぎに着くことがわかった。
「石部から名古屋まで。関西線経由で」
となりのカウンターではおばちゃんが愛知環状鉄道に乗りたいと係員に絡んでました。
気の毒なカウンター君...

そうそう、草津ではちゃんとうばがもち買ったよ!
でも感動がない。
あるべき位置に店がないんだからね。
土山で買った蟹ヶ坂飴の方が感動したくらいのものです。
天にゃんにとって、街道で買う菓子は味じゃないのです。
いかに往年の姿を楽しませてくれるかというのが大切なこと。
だからとっても残念、うががもち。

447042149_21 12時ちょうど
草津駅を出発!
とにかく一生懸命歩いた。
足はさして痛くはないから歩いた歩いた。
途中いろんな撮影スポットがあって、やはり足を止められてしまうね。けれどもどうにかキッチリ3時間で石部に着いたよ。
天にゃんの賢いところは、石部宿には踏み込んでないところね。
宿場は撮影ポイントが多いから、時間食うの。
かといって風景を見ると、撮影ポイントに対する反応が鈍る。
そこでさっさと石部駅へ。
駅横のコミュニティハウスでパンを食いながら競馬中継を見る。
そう、日本ダービー。
けれども列車は15:34。
出走を見ることなく、列車に乗った。
すんげえ悔しいがや!

名古屋には無事定刻着。
街道歩きは楽しいなぁ。
暑かったし、なにもない所の方が圧倒的に多いんだけど、なぜかやめられないぞ。

« 東へ西へ あわあわの国をゆく | トップページ | 主権者として国会議員に最低限望むこと »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16701859

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道を東へ:

« 東へ西へ あわあわの国をゆく | トップページ | 主権者として国会議員に最低限望むこと »