最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 主権者として国会議員に最低限望むこと | トップページ | 奈良井 (4) 鳥居峠 »

2007年5月28日 (月)

ムッシュかまやつの底力

NHK「鶴瓶の家族に乾杯」での一場面。
ムッシュかまやつが最後に歌った。
「じゃあお礼に一曲歌わせていただいていいですか」とムッシュ。
「下手なくせにやめとけ」うちのおやじ。
そしてそれに心で拍手を送っている天にゃん。

でも今日のムッシュはうまかった。
基本に返ったのか?と思ったらそうでもない。
一生懸命うたっている風でもない。
なのに胸を打った。
「あれ!うまいがや、どうしたんや!」おやじ。
「おっかしいなぁ、こんなにうまいはずないのに」と天にゃん。

今宵のムッシュの歌、本当に「お礼」だった。
心がこもってた。
力まず、気負わず、素のままに丁寧に歌っただけ。
歌に彼の人生が込められているようにも感じた。

今まで聞いた中で、今日の「我が良き友よ」は間違いなく最高で、生涯記憶に残ると思う。
ムッシュ、一流の仲間入り、おめでとう。

« 主権者として国会議員に最低限望むこと | トップページ | 奈良井 (4) 鳥居峠 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16714307

この記事へのトラックバック一覧です: ムッシュかまやつの底力:

« 主権者として国会議員に最低限望むこと | トップページ | 奈良井 (4) 鳥居峠 »