最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 眠り病 | トップページ | ネット利用意識の低さ »

2007年5月 7日 (月)

ウルトラマン プレミアステージ

舞台芝居というものを初めて見た。
それも中日劇場という大きな(?)箱で。
いい年をして一人で見に行くはずがない...と言ったら隣に座っていたアベックに失礼だろうか。

特撮劇をどういう形で舞台で再現するかという点のみが気になってました。映像を使ったり、芝居の流れの中で暗闇を作り出したりするんですね。セット換えが何度もあるのに子供の注意をそらさない技術はさすがです。
これ以上の再現は無理でしょう。

前座のおねーちゃんたちも司会のねーちゃんもかわいい。
これはおかあさんといっしょの舞台のスペシャル版といえばイメージできる。つーか、そのまんま。
どうみても比較にならないほど豪華だけど(笑)
短いスカートでチラチラされるとそちらばかりに気が行ってしまうのがおじさんw
見えてもいいんだろうし、そもそもどんなに短くとも二階席から見えるはずがない。

それと、擬斗です。
あれはかなり危険な物に見えました。
まず受け身、跳び蹴り。
それを間良く再現するのだから、熟練の技がいる。
ましてや、体の外に突起部を持つ怪獣たちは大変。
ウルトラマンとのからみで自分の体が邪魔になったりする。
そういうものをお互いフォローしながら戦うことは、「プロフェッショナル」というしかありませんでした。怪獣ごっことは違う!

ステージは値段相応だったんけれども、施設が古すぎる。
座席が狭すぎ。
最新シネコンの半分くらいのスペースしかない。
これで3時間半は大変にきつい。
あたしゃ足が短いし、通路側だったので、適当に足を伸ばせたけれども、そうでない人はかなり疲れたんじゃないだろうか。
「またここきっと会いましょう!」と森次晃司は言ったが、はっきりいって中日劇場は勘弁してほしい。

それにしてもウルトラマンてたくさんおるんだなぁ。
あんだけ揃うとマックスすらわからん^^;
ましてやメビウスなんぞさっぱり。
ウルトラマンの第一世代である天にゃんですらこれです。
甥に聞く始末です。

ステージが終了後、玄関先でサイン会が行われていました。
GUYSの退院のでぷっちょ、背の高いヤツ、アマガイコノミ、森次、黒部各氏がサインに応じていました。
高価なプレミア付きのクオカードを買うとサインしてもらえるらしいが、あたくしはこういう商売は嫌いなので、絶対に買わない。
サインなんて金払ってまでしてもらうものじゃありません。
ただ彼らがお客の顔を見て笑顔で手を振ってくれればそれでよろしいのです。
ちょうど人混みの中から甥を差し上げた時にでぶっちょがこちらを向いて手を振ってくれました。
運がよかったね。
いつもは「やっぱり帰りたい、ママがいい」という年長の甥も、ずっとステージに集中したままでした。
それにしてもアマガイコノミ役の平田弥里は空恐ろしいほどにかわいい。地球上の物とは思えんよ...

それで、このショーは名古屋だけなのかな。
パンフレットに製作・中日劇場のクレジットが入っているんですけど。

















やっぱりゴジラなんだよ....

« 眠り病 | トップページ | ネット利用意識の低さ »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/14982343

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマン プレミアステージ:

» ウルトラマンエース [ウルトラマンエース]
ウルトラマンエースについてのブログです。ファンの方はぜひご覧くださいね。 [続きを読む]

« 眠り病 | トップページ | ネット利用意識の低さ »