最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 白山神社と笈瀬川 〜美濃路をゆく(2) | トップページ | 八坂神社に思う 〜美濃路をゆく (完) »

2007年5月15日 (火)

欲望

ゴジラが現れた。
町をさんざんに破壊したゴジラは高層ビルのてっぺんに座り込み、下界をながめている。
そのわきには、山田さん(仕事関連の実在の人物w)の顔をしたゴジラジュニアが「もう暴れるな。あれだけ破壊したら十分だろう」と懸命にゴジラを説得している。
ゴジラは唸ったまま下界を見下ろして時折熱線をはき続けている。
「ゴジラジュニアは前はもっとかっこよかったのに、おっさん顔になっちまったなあ」と意味不明の感想をつぶやく天にゃん。

場面は変わる。

GUYSのメンバーふたりに連れられたスーパーで働いているおねーさん5人とサラリーマン1人と出会う。
「おい、逃げ道を知らないか!」
「あ、さっき逃げてきた避難地下道があるから案内します」
しかしその地下道は一部でゴジラの真正面へ出ることになる。
「ゴジラは高いビルの頂上にいるから、走って通り過ぎれば気づかれないでしょう」と天にゃん。
ゴジラの前にでた。
ゴジラは相変わらず目を閉じたままうなっている。
「寝てるのかな」と思った瞬間、目があき熱線が飛んできた!
一行の一部は熱線を浴びたらしい。

話は継続しているが、場面は変わる。
ゴジラが襲っている町なのに、少し離れたところでは選挙運動の真っ最中。
「ゴジラにやられたー」と言っても辺りの人は笑って相手にしてくれない。
「おまえらにゃわかるまい。そのうち襲われるわ」と話すことをやめて、選挙事務所を巡る。
そのついでに体調の相談をすると、「早く医者に行きなさい」と言われる。
「やはりそうですよね」といいながら、「そんなことしか言えんのか」と別の選挙事務所に行く。
そこは古い木造商家で、いかにも繁栄した天井の高い木造建物。
中に座ってあたりにいる人の話を聞いていると、「どうされましたー?」とお茶を持ってくる三浦理恵子。
「○○の調子が悪いんです」と体不調を訴え、「あちらの事務所では医者へ行けなんて当たり前のことを言われましたよ〜」。
彼女は笑顔で「だからあの候補者はダメなんですよね。こちらへ来て。私なら簡単に治せちゃうかもしれません」。
なぜかスケベ心いっぱいでついて行くと、期待に違わない行為があったあと、「手術してあげるね」といいながら、事務所裏で彼女による手術がある。
「わたしねーオ○ムなの〜。みんなひどいよね。オ○ムはなんにもしてないのにさー」と意味不明なことを言う。
んーかわいすぎる!

「はい治ったよ〜」
「ついでにこれも取ってあげる!」と脂肪の固まりも取ってくれる親切な彼女w
それも20x20x50(cm)ほどの脂肪片を二枚も。

気づくと自分の体が目の前にある。その体は4本の足をついたまま立っていて、どう見ても犬。
しかし頭がついていないというか、頭がついているべき箇所がない。
体は背中がまっすぐに開かれていている。
信号交差点の脇にそれは立っていて、ずっと横で見ていたらしい女子高生ふたりが、「ちょっと中を見てもいいですかぁ?」
といいながら、切開した部分を押し広げて内部を見、きゃっきゃっと笑ってる。そのうちさらに内部に手をかけて内蔵までを見ようとしている。
「もういいから早く元に戻してよ」と三浦に言っても彼女は笑っているだけ。
「大丈夫、治りますよ〜」と。
きゃっきゃっ言いながら天にゃんの体の内部を見る女子高生。
その光景を見て「死ぬかもしれない」と思い、「やめてくれ〜」と泣き叫ぶ天にゃん。

ゴジラ、山田さん、選挙事務所巡り、三浦理恵子、古い木造商家、脂肪、女子高生...ひょっとしてお医者さんごっこも入るのか(笑)

興味のあるモノばかりが登場するわりにゃロクでもないオチやん...
夢占いが無意味なほど、ストレートな欲望の夢や!

« 白山神社と笈瀬川 〜美濃路をゆく(2) | トップページ | 八坂神社に思う 〜美濃路をゆく (完) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/16699780

この記事へのトラックバック一覧です: 欲望:

« 白山神社と笈瀬川 〜美濃路をゆく(2) | トップページ | 八坂神社に思う 〜美濃路をゆく (完) »