最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中山道・与川〜根の上高原経由 | トップページ | 青年は上松をめざす♪ »

2007年4月 2日 (月)

4/2の日記

4月2日曇り。
今日は中山道の踏破最東端の南木曽から始めました。
南木曽は昨年の4/16以来。
昨年はナギソミツバツツジに感動してたみたいです。

SL広場へ行くと中山道の地図が掲げてあります。
そこに「中山道が不通になったときの道を整備しました!」と書いてあります。
「古道の雰囲気」という呪文が山道へと誘います。
「4時間半」とか。
中山道の三留野−野尻間は大半が国道になってしまっているので、いっそう思い切りがよかったのです。

三留野宿を過ぎて、枝垂れ梅と杉の大木から分岐します。
いきなり昨日にも劣らない急坂!
えっちらおっちら。

道は圃場のなかにあります。
見た目は舗装されたあぜ道以外のなにものでもありません。
人の家の軒先のような場所も通過することから、関連する家々の人たちに了解は得ているとはいうものの、「この人ら、なんでこんな田舎道歩いとんのん?」と思われることであろう。
そのうちに本格的な山道へと入ります。
石畳が見える。トイレがある。
「○ソでもして覚悟を決めろ」ということなのだろうと思いました(爆)

392331574_160 392331574_212 そういう道が何度も続く。
軒先も通る。
軒先なのに自然にカタクリがある。
バイモユリなんて道ばたに生えているのを初めて見た!
そんないくつもの感動が、歩くしんどさをクリアにしていきます。
しかし10cm程度の高さの株に花が3つついているのをよく見つけたよなあ。
すごい集中力!

途中で道にウ○コが散乱している場所がありました。
里に近い山。
イヌの散歩にしてはちと家から遠いなと思っていたら、物陰からサルが出た!(ノ゚㊖゚)ノびっくり!!
どうやら天にゃんよりもオクビョーなサルだったとみえ、あわてて逃げて行きました。
そういえば道中にはやたら「クマに注意」とか「ヘビ・マムシに注意」と張り紙がしてありましたな。
「クマに注意」ってどうしろっちゅうねん!

392331574_139 道はきれいに整備してあるものの、大変な山道で疲れました。
でも南木曽町は「古道の雰囲気」を大切にしてあるのだから、これでいいんですね。なにもウソを作ろうと言うんじゃなく、昔の人が歩いた道とはこう いう道なんだってことを知ってほしいんでしょうから。その証拠に途中南木曽町教育委員会の名前で、「私有地ですから、山菜などをとらないで」とありまし た。
私有地を解放してくれている人にも感謝しなきゃね。
その貴重さは、山の辺の道と双璧です。

そんな深山のなかに石仏の道しるべを見るとほっとします。
きっと昔の人もそんな思いだったんだろうな。
思わず手を合わせて、石仏さんに触れてみました。
そこから根の上峠はすぐ。

ここからは林道で野尻駅まで下りました。
緩やかなアスファルト舗装。
山中で拾った桜の枯れ枝を杖にらくちんに歩けました。

野尻では一時間20分待ちの普通列車中津川行き。
野尻宿内ではなぜかスズメよりツバメが多い。
ツバメの写真を撮ったよ!
200mm持っててよかった!!!

« 中山道・与川〜根の上高原経由 | トップページ | 青年は上松をめざす♪ »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17428445

この記事へのトラックバック一覧です: 4/2の日記:

« 中山道・与川〜根の上高原経由 | トップページ | 青年は上松をめざす♪ »